【男性必見】本当は教えたくないマッチングアプリ最強攻略法

悩む男性

マッチングアプリで彼女を作りたい!

こんなマッチングアプリで恋人を作りたいと夢見ている男性も少なくないと思います。

ただマッチングアプリで恋人を作ることはそんなに簡単なことではありません。

マッチングアプリはマッチングアプリの攻略法を身につけておかないと失敗してしまいます。

そこで今回はどのマッチングアプリにも応用可能な完全攻略法をご紹介します。

この記事を読めば、マッチングアプリで恋人を作るチャンスを大幅に引き上げることが出来ます。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人におすすめ
  • マッチングアプリ初心者
  • マッチングアプリで失敗した経験がある方

マッチングアプリとは

マッチングアプリとはインターネットを通じて、恋愛を目的とした赤の他人と繋がることのできるアプリのことです。

今まではインターネットを介して出会う恋愛方法として、出会い系サイトがありましたが、出会い系はグレーな部分が多く、世間的にも良しとされていないというのが実情でした。

マッチングアプリはそんな出会い系サイトとは違い、年齢認証や本人確認などセキュリティ対策がきちんと行われているので、安全な環境下で異性と繋がり、恋愛を楽しむことができるのです。

最近では芸能人もマッチングアプリを利用を始めている方も出てきて、まさにマッチングアプリは例話時代の新しい恋愛の出会い方なのです。

マッチングアプリの選び方

そもそもマッチングアプリを使用したことがない初心者からすると、どのマッチングアプリを使えばいいか分からないと思います。

そこでまずマッチングアプリ相性診断をやってみましょう。

※この記事では「Tinder」等の遊び目的が強いマッチングアプリは排除してあります。

いかがでしょうか。

あくまで簡単な相性診断ですが、マッチングアプリと自分の目的をすり合わせることは非常に大事です。

特に単に恋人がほしいのか、はたまた将来を見据えたパートナーがほしいかで全然使うべきマッチングアプリは変わってきます。

適したマッチングアプリを選ぶことは最終的にマッチングアプリのパフォーマンスにも関わってくるので、じっくり考えて選択するようにしてください。

マッチングアプリの最強攻略法

  1. 準備篇
  2. プロフィール篇
  3. マッチング篇
  4. やりとり篇
  5. デート篇

準備篇

マッチングアプリは準備の時点で既に勝負は始まっています。

マッチングアプリを使って今までうまくいかなかったいう方は実はこの準備を疎かにしてしまっている場合が意外に多いです。

準備を怠った結果不利な状況に陥っていることに気づかず失敗してしまうのです。

そのくらいマッチングアプリにおいて準備というのは重要なポイントです。

そんなマッチングアプリで事前に行うべき行動は大きく3つあります。

  • マッチングアプリの目的を決める
  • マッチングアプリを始めるタイミングを考える
  • マッチングアプリを複数使用する

マッチングアプリの目的を決める

まずマッチングアプリをどんな目的で使うのかを明確にすることが大事です。

単純にデートを楽しみたいのか、将来結婚する相手を見つけたいのかで使うマッチングアプリで大きく異なってくるのです。

適当にマッチングアプリを選んでしまうと自分の気持ちと相手の気持ちの熱がかけ離れてしまい、うまくいかない場合が非常に多いです。

なのでまずは「恋活」or「婚活」をどちらかに絞ることが大切です。

マッチングアプリを始めるタイミングを考える

マッチングアプリを始めるタイミングを考えることも重要です。

マッチングアプリは24時間365日使うことが出来ます。

だからと言って、何も考えずにマッチングアプリを始めると失敗する可能性が高まります。

避けるべきタイミングというのは長期休みです。

ゴールデンウィークや正月休みなど時間が空いて、マッチングアプリを始める人もいると思います。

このタイミングは大きな間違いです。

基本的に長期休みは予定が入っている可能性の方が高く、マッチングアプリを一時的に休止する人が多くなるからです。

つまりこの時期はマッチング率が大幅に下がるのです。

仮にマッチング出来たとしても、その長期休み期間内でデートまで出来る可能性がかなり低いです。

結果長期休みが終わってまた忙しい時期に突入してしまい、マッチングアプリで何も成果を得られないまま終わってしまうのです。

では逆に「マッチングアプリを始めるのにいつ始めればいいの」と思う人も多いと思います。

答えはズバリ「イベントの1ヶ月前」です。

特にクリスマスやバレンタインデーなど「恋愛」を連想させるようなイベント前は、「恋人がほしい」という心理に陥りマッチングアプリを始める人が急増します。

その時期は非常に狙い目です。

マッチング率も高まるのに加え、デートを誘ってOKしてもらえる可能性もUPするからです。

ただそんなイベントまでいちいち待ってられないという方は好みの人とマッチングした時点で始めるようにしましょう。

マッチングアプリはマッチングを行うまでは男性も女性も無料です。

男性は課金をしないとメッセージを送ることが出来ませんが、マッチング自体は課金前でも行えるのです。

そこでまずは好みの人にいいねを送ってマッチングをした時点でマッチングアプリを始めれば、課金したのに誰ともマッチングしなかったという自体を回避できるのでおすすめです。

マッチングアプリを複数使用する

マッチングアプリは複数使用するということも非常に重要です。

マッチングアプリは1個だけ使うという認識の方も多いと思います。

ただその考えは非常にもったいないです。

実はマッチングアプリは複数使用することでパフォーマンスがアップするのです。

「複数マッチングアプリを使用するとその分お金がかかるのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、基本的にどのマッチングアプリも「いいね」を送ってマッチングするまでは無料です。

結果一番素敵な人とマッチングできたマッチングアプリに課金すれば、マッチングアプリ1個使用するのとかかるお金は一緒なのです。

かかるお金が一緒ならば、複数マッチングアプリを最初から使用した方がマッチングできる母数が増えるのでいいはずです。

複数マッチングアプリを使うことで、それぞれのマッチングアプリとの相性を測ることが出来ます。

相性というのはマッチングアプリのシステムのことではなく、使っているユーザーとの相性です。

マッチングアプリごとに年齢層や目的がかなり異なるので、実際に使ってみることである程度どんな人が使用しているマッチングアプリかが分かってくるようになるのです。

このようにマッチングアプリを複数使うことは素敵な人に出会えるチャンスをUPさせてくれるのです。

お金に余裕があれば複数マッチングアプリを課金しても問題ありませんが、そうではない方や初心者の方は複数マッチングアプリを無料ダウンロードするだけでもまずはやってみることを強くおすすめします。

もっと詳しくマッチングアプリを複数使うべき理由を下記の記事で紹介しているので気になる方は参考にしてみてください。

プロフィール篇

準備が出来たら、いよいよマッチングアプリを始めるステップに入ります。

まず最初に行うべきことはプロフィール設計です。

プロフィール設計はマッチング率に直結する一番大事なポイントです。

プロフィール設計をどれだけ頑張ることができるかで最終的にデート出来るかどうかが変わってきます。

プロフィール設計は①プロフィール写真と②自己紹介文③コミュニティーで構成されます。

特に①プロフィール写真は重要です。

マッチングアプリはほぼ第一印象の勝負の世界なので、プロフィール写真で相手のOKをもらえなかったらいくら丁寧に自己紹介文を書いたとしても意味がないのです。

そんなプロフィール写真も含め詳しくテクニックをご紹介していきます。

  • プロフィール写真
  • 自己紹介文
  • コミュニティー

プロフィール写真

まず一番マッチング率の肝を握るプロフィール写真の設計をご紹介します。

ここではプロフィール写真に向いている写真とプロフィール写真に向いていない写真に分けてご紹介します。

プロフィール写真に向いている写真

プロフィール写真で大切なのは、相手にとって魅力的に見える写真です。

当たり前と思うかもしれませんが、この点が意外に出来ていない人が多いです。

貴方が思う貴方が魅力的に見える写真と他人が思う貴方が魅力的見える写真というのは結構異なります。

それは自分自身を評価する際に、都合のいい部分だけを切り取って都合の悪い部分は無視するといういう風に脳が働くからです。

つまり自分自身では客観的に自分が素敵に見える写真を選ぶことが難しいということです。

ではどう写真を選べばいいのでしょうか。

それは他人に自分が素敵に見える写真を選んでもらえばいいのです。

出来れば異性に選んでもらった方がマッチング率が向上するのでおすすめです。

ただマッチングアプリを使っていることを他人に知られたくないという人もいると思います。

そんな方は友達や家族に撮ってもらった写真を選ぶようにしましょう。

他人に撮ってもらった写真の方が自然な表情をしている場合が多く、貴方の魅力を引き出している可能性が高いです。

もっとピンポイントでプロフィール写真の具体例を知りたい方は下記の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

プロフィール写真に向いていない写真

逆にプロフィール写真に向いていない写真というのもあります。

失敗例で一番多いのは自撮り写真です。

自撮り写真は角度次第で自分を必要以上に魅力的に見せることが出来てしまいます。また最近では写真アプリが進化してきており、簡単に加工したりできるので現実の自分と写真の自分が別人という現象を引き起こしています。

写真詐欺という言葉でよくこの現象を喩えることが多いです。

この現象の結果として、自撮り写真の信用度が落ちてしまっているのです。

この信用度が低い写真というのは、マッチングアプリに不向きです。

それはマッチングアプリは全てにおいて「信用」が関わっているからです。

この人は信用できるかどうかという一定の不安を抱えながらマッチングアプリを使っている人は多いので、自撮り写真は相手の不安を増幅させてしまいます。

結果信用出来ないレッテルが貼られてマッチング率が低下してしまうのです。

もしかしたら自分の見た目に自信がないから自撮り写真を使わざるをえない方もいるかもしれません。

ただマッチングアプリの最終目的は直接出会うことです。

どんなに自撮りや加工で自分を取り繕ったとしても、出会ったらバレてしまいます。

なのであくまで自分の枠で最大値の写真で勝負することが重要なのです。

しかしながら自撮り以外方法でそんな簡単に魅力的な写真は撮れないと思う方もいるかもしれません。

実は魅力を引き出しかつ信頼度の高い写真というのは誰でも手に入れることが出来ます。

気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

自己紹介文

続いては自己紹介文の設計です。

自己紹介文は3つのポイントを意識して書くようにしてください。

  1. 20秒で読める分量
  2. 趣味
  3. 好きなタイプ

20秒で読める分量

まず20秒程度で読める分量で自己紹介文を書くようにしましょう。

自己紹介文は長ければ長いほどいいという訳ではありません。

マッチングしている相手は貴方だけではないので、長い自己紹介文は基本的にほぼ読まれていません。

ましてや長すぎると「細かい人」や「めんどくさい人」というレッテルを貼られて、ネガティヴな印象を持たれてしまいプラスなことがないのです。

かと言って短すぎる自己紹介文もNGです。

短いと本気でマッチングアプリを使用していない人と思われてしまい、マッチング率が低下するからです。

長すぎず短すぎないちょうどいい塩梅が、20秒程度で読める分量なのです。

20秒と聞くと短いように見えますが、人は1秒に対して10文字程度認識できるので、最低でも200文字は書くことが出来ます。

200文字もあれば自分の情報を十分に盛り込めるので、20秒程度で読める分量を意識して自己紹介文を書くようにしましょう。

趣味

趣味は必ず自己紹介文に書くようにしましょう。

趣味は①親近感を持たせる②メッセージを盛り上がらせるという2つの役目があります。

①まず共通の趣味があれば、少なからず親近感を相手に持たせることが出来ます。

先ほども説明したようにマッチングアプリにおいて「信頼」は重要です。

親近感を持たせることが出来れば、相手のアンテナに引っかかり、マッチングする可能性がUPすることに繋がるのです。

②マッチングして最初に行うのはメッセージです。

ただ初対面の人と何を話していいか分からないという方も多いと思います。

そこで有効なのが趣味です。

出来れば「旅行」や「音楽」などありふれた趣味ではなく、「ラップを聞くこと」や「レコード集め」などマイナー系の趣味の方が相手の興味をそそりやすく、話題も盛り上がるのでおすすめです。

好きなタイプ

自己紹介文で好きなタイプを書いてターゲットを絞りましょう。

マッチングアプリではターゲットをある程度絞ることが重要です。

いい人がモテないように、マッチングアプリにおいても全員にいい顔しても相手のアンテナには引っかからないからです。

「もしかして自分のことを指しているかも」と相手に興味を持たせることが重要なのです。

そのために自己紹介文に好きなタイプを暗に盛り込んでみましょう。

この「暗に」というのがポイントです。

たまに自分の好きなタイプについてストレートに書いてある人がいますが、これはNGです。

理想が高い人と思われてしまうし、貴方の好きなタイプに当てはまらないと勝手に解釈してマッチングするのを諦めてしまう人が出てくるからです。

つまりターゲットが絞られすぎてしまうのです。

なので「暗に」好きなタイプを伝えるのです。

例えばお酒が飲める人とマッチングしたい場合は、「お酒が好きなので良かったら一緒に飲みに行きましょう!」と書くことで、暗に「お酒を飲める人がいいです」と伝えることが出来ます。

この方法ならターゲットも明確化することができるし、そこまで絞られすぎません。

この「暗に」を意識して、好きなタイプをスマートに盛り込んでみてください。


この3つのポイントを意識して行えば、マッチング率をUPしやすい自己紹介文を設計することが出来ます。

一応下記に一つ具体例を紹介しておきます。

自己紹介文の良い例

初めまして!

都内で営業の仕事をしている〇〇といいます。

職場での出会いがなく思い切ってマッチングアプリ始めてみました!

趣味は海外旅行に行くこととレコード集めです。

今までアジア中心に30カ国以上行ったことあるので、海外旅行に興味のある方はなんでも聞いてください!

まだヨーロッパは未開拓なので行ったことがある人がいれば色々教えて頂けると嬉しいです。

あとお酒も好きなので、同じお酒好きな方がいましたら、ぜひご一緒に飲みに行きましょう♪

良かったら宜しくお願いします☺︎

自分なりにアレンジして自己紹介文を作ってみましょう。

自己紹介文は1回作って終わりではなく、何度も試行錯誤を繰り返していい自己紹介文が作れるようになります。

最後に一つだけ注意点をご紹介します。

それは「絵文字」についてです。

男性が絵文字を大量に使うことは避けるようにしましょう。

男性の絵文字は女性からあまり評判がよくないからです。

ただ全く絵文字がないというのも冷たい印象を持たれる可能性があるので、1つ絵文字を入れて、あとは「!」や「♪」で補うようにすれば大丈夫です。

自己紹介文における絵文字の取り扱いは気をつけるようにしましょう。

コミュニティー

マッチングアプリには自分の特性や好きなものを表すコミュニティーと呼ばれるものに参加することが出来ます。

※マッチングアプリによって「コミュニティー」の名称は異なります。

これは自分の当てはまるものはできるだけ多く所属or追加することをおすすめします。

理由としてはコミュニティーから貴方にたどり着く人が増えて、「いいね」をもらえる可能性がUPするからです。

つまりコミュニティーは自分の存在を周囲に伝えるための手段として有効なのです。

ただしあまりにも多いとこちらも不信感に繋がりかねないので、多くても20個程度に抑えておくことをおすすめします。

マッチング篇

マッチングアプリは相手に「いいね」を送り、そのいいねが承認された時に初めてマッチングします。

そんな「いいね」の送り方にも実はテクニックがあります。

マッチングアプリのタイプでそれぞれテクニックも変わってくるので、それぞれのタイプで詳しく攻略法をご紹介していきます。

  • 検索型マッチングアプリ
  • スワイプ型マッチングアプリ

検索型マッチングアプリ

検索型マッチングアプリというのは、自分で気になる人のプロフィールを選んでから「いいね」を送るかどうかを判断することが出来るマッチングアプリです。

迷ってその時は「いいね」を送らなくても、あとで戻ってきて「いいね」を送ることが出来ます。

つまり、しっかり考えてから「いいね」を送ることが出来るのが検索型マッチングアプリなのです。

このシステム上、いいねの質が高く、一方でいいねを送ることが出来る回数が少ないというのが特徴です。

検索型マッチングアプリの攻略法

検索型マッチングアプリは送れるいいねの量が少ないので、いいねの無駄撃ちが出来ません。

出来るだけマッチングしそうな相手に狙い撃ちする必要があるのです。

そこで押さえるべきポイントが①初心者を狙うメッセージ付きいいねを送るの2つです。

初心者を狙う

まず初心者を狙うようにしましょう。

マッチングアプリはライバルが非常に多いです。

何ヶ月もマッチングアプリを使っている人は「マッチングアプリ慣れ」しているので、すでに素敵な人とマッチングしている可能性が高いです。

そんな人にいいねを送っても相手にされない可能性が高いです。

そこでまだ素敵な人とマッチングしている可能性が低い初心者を狙うのです。

検索型マッチングアプリには「登録日が3日以内」という条件で相手を探すことが出来ます。

この条件で初心者にターゲットを絞って、狙い撃ちすることでマッチングする可能性がUPするのです。

メッセージ付きいいねを送る

検索型マッチングアプリは通常のいいねとは別に、「メッセージ付きいいね」を送ることが出来ます。

「メッセージ付きいいね」とはその名の通りメッセージを送ることが出来るいいねです。

通常マッチングしないとメッセージは送ることが出来ません。

しかしメッセージ付きいいねはマッチングしなくてもメッセージを送ることが出来るのです。

メッセージ付きいいねは差別化を図るという意味で有効です。

女性は1日に10以上、多い人は100以上いいねを男性からもらいます。

貴方のいいねはその中でたった一つなので、他のいいねに埋もれてしまう可能性があるのです。

一方メッセージ付きいいねは埋もれる心配がないので、確実に相手に見てもらうことが出来ます。

しかもマッチングアプリによってはメッセージ付きいいねは優先的に相手に表示されるようなシステムとなっています。

ただメッセージ付きいいねは最低でも「いいね」を3つ消費します。

気になる人全てにメッセージ付きいいねを送ってしまうと、残存いいねがすぐに尽きてしまうので、本当に気になった人のみ送ることをおすすめします。

スワイプ型マッチングアプリ

スワイプ型マッチングアプリはランダムに出てくるプロフィールを「いいね」or「いまいち」で判断するマッチングアプリです。

住んでいる地域や年齢などある程度条件を絞ることは可能ですが、あくまでランダムで表示されます。

「いいね」or「いまいち」をしないと次の相手が表示されないので、「あとで判断しよう」が通用しない仕組みとなっています。

一瞬一瞬の判断が求められるのがスワイプ型マッチングアプリなのです。

スワイプ型マッチングアプリの攻略法

スワイプ型マッチングアプリは「いいね」の数ではなく、スワイプした数だけ自分がスワイプ出来る量が減ります。

つまり「いいね」や「いまいち」どちらにスワイプしてもスワイプ出来る絶対量は変わらないということです。

その代わり検索型と比べると、相手にいいねを送ることが出来る数は倍以上多いというのがスワイプ型マッチングアプリの特徴です。

この点を踏まえて押さえるべきポイントは①初心者を狙うストライクゾーン広めにいいねをするの2つです。

初心者を狙う

スワイプ型マッチングアプリも同様に、初心者に狙いを定めることが重要です。

検索型マッチングアプリとは違って、「登録日が3日以内」という設定には出来ませんが、代わりに「新メンバー」という枠で探すことが可能です。

スワイプ型はいいね出来る数多いので、裏を返すと女性側もいいねをもらう数が非常に多いということです。

いいねをすでにもらいすぎている女性よりも、比較的まだいいねをもらっていない初心者にいいねを向けることでマッチングしやすくなるのです。

ストライクゾーン広めにいいねをする

スワイプ型マッチングアプリではストライクゾーン広めに「いいね」をすることを心がけましょう。

先ほど説明したように、スワイプ型マッチングアプリは「いいね」と「いまいち」どちらを選んだとしても、スワイプできる数は減少します。

つまり可能な限り「いいね」を選んでおいた方がお得ということです。

ただし全部「いいね」することはあまりおすすめ出来ません。

それは「タップル誕生」などの最近のスワイプ型マッチングアプリは「いいね」をした人の顔のデータを分析して、貴方の好みの異性を優先的に表示させてくれるシステムが導入されているからです。

全部「いいね」すると、そういったコントロールが適用されなくなってしまうのです。

ただ絞りすぎるとそれはそれで誰ともマッチングしない可能性もあるので、ある程度ストライクゾーンを広めて「いいね」を心がけるようにすると、好みの人に対してのマッチング率パフォーマンスがUPするのでおすすめです。

やりとり篇

続いてマッチングアプリのおけるメッセージ等の「やりとり」の攻略法がご紹介します。

マッチングアプリで一番難しいと言われるのがこの「やりとり」の部分です。

逆にこの「やりとり」さえ攻略できればマッチングアプリを攻略したのと同じことなので、最低でもこのパートだけは押さえるようにしてください。

なぜマッチングアプリのやりとりが続かないのか

マッチングアプリでやりとりが続かないのは「関係の希薄性」が原因です。

マッチングアプリで繋がる人は基本的に赤の他人です。

同じコミュニティにも属していないので、自分の行動がコミュニティに何らかの影響を及ぼす心配がありません。

ここがやりとりが途中で終わってしまう根本的な理由です。

メッセージを無視したところで誰にも迷惑かけないので、関係を断ち切りやすいのです。

最初のメッセージの返信がない人

マッチングアプリを使っている人で、やりとりどころか、そもそも最初のメッセージすら返信がないと悩んでいる人もいるかもしれません。

そんな方のために下記の記事で返信がきやすいメッセージを紹介しておくので参考にしてみてください。

マッチングアプリでやりとりは長く続けるな!

マッチングアプリでやりとりを続けるのは難しいことがわかったと思います。

ではどうすればいいのか、その答えは簡単で長く続けなければいいのです!

マッチングアプリでメッセージのやりとりだけで満足するという方は少ないと思います。

ほとんどの方がマッチングアプリにおけるゴールは直接出会うこととしているはずです。

どんな形であれ「ゴール」にたどり着く際に、「できるだけ早く着きたい」という気持ちは誰もが持っていると思います。

例えば、旅行に行く際に新幹線や飛行機を使っているという人は多いのではないでしょうか。

それはゴールに早く着きたいがために自ずと素早い手段を選んでいるからです。

マッチングアプリにおける「長いやりとり」は遠い場所に歩いて向かうようなものなのです。

つまり、新幹線や飛行機などのショートカット方法をマッチングアプリでも使えばいいのです。

そんなマッチングアプリにおけるショートカット方法はズバリ「電話」です。

電話は素早く相手からの信用を勝ち取ることが出来ます。

やはり相手が何者かわからない内に会うというのはお互いにとって難しいことだと思います。

相手の素性を知るために多くの人はメッセージをしますのがそれではお互いに信頼を得るためにかなりの時間を要します。

そこで活躍するのが電話です。

電話は情報を短時間で共有できるし、お互いに声色から相手の感じを掴むことができるので信頼を獲得するのに非常に有効な手段なのです。

また電話を挟むことでサクラを阻止することができるというメリットもあります。

そのくらいマッチングアプリで電話というのは成功に導く鍵なのです。

電話の誘い方がわからないという方のために、下記でスムーズな電話の誘い方を紹介しているので合わせてご覧ください。

デート篇

最後はマッチングアプリのおけるデートの攻略法をご紹介します。

ここでは①デートの誘い方②デート時の注意点に分けて説明していきます。

デートの誘い方

デートの誘い方が分からず、マッチングアプリで成果をあげられない方がよくいます。

ただ実はやり方さえ押さえておけばマッチングアプリでデートを誘うのはそこまで難しいことではないのです。

自然な流れでデートに誘うには、「食べ物」の話を持ってくるのが一番簡単です。

女性は好きな食べ物や好きなお酒など食事関連の言葉を自己紹介分に書いてある場合が非常に多いです。

そこでその方に関連した食事の話をしてあげるのです。

例えば、好きな食べ物がお寿司の女性がいたとします。

その女性に対して、「自分もお寿司が大好物です!」と送ってあげましょう。

大抵の場合、そのまま食事の話がしばらく続いて、ある程度会話が終了したら、「今度一緒にお寿司食べにいきませんか?」と誘えばスムーズです。

この時点でOKしてもらえなかったら、食事に行く気がない可能性が高いので、その女性は諦めた方が懸命です。

また食事以外のデートの誘い方も下記の記事で紹介しているので気になる方は合わせてご覧ください。

デート時の注意点

3つのポイントに分けて、デート時の注意点も合わせてご紹介します。

普通のデートに気を配るべき服装などのポイントは今回省略します。

  • 待ち合わせ
  • デートの内容
  • 告白
待ち合わせ

マッチングアプリにおいてデートの待ち合わせは気をつけるようにしましょう。

まず遅れるというのは問題外です。

普通のデートなら謝れば済む問題ですが、マッチングアプリにおいては「遅れる」というのも不信感を与える行動なので、その場でドタキャンされてしまう可能性があります。

5分程度の遅れでもマッチングアプリにおいては命取りになるということを覚えておきましょう。

また待ち合わせ前にマッチングアプリ以外の連絡手段を確保しておくようにしましょう。

マッチングアプリはたまに通信障害が起きて一時的に使えなくなることがあります。

マッチングアプリ以外の連絡手段を持っていない場合、通信障害が起きたら待ち合わせ場所にいても合流できないというハプニングが起きてしまいます。

私自身も通信障害ではありませんが、連絡手段を持っていないがために、合流できずドタキャンされてしまった経験があります。

そんなドタキャンエピソードは下記の記事で紹介しているので気になる方はご覧ください。

デートの内容

デートの内容は基本的にはなんでもいいですが、カラオケなどの暗い個室空間は避けるようにしましょう。

やはり暗い個室というのは誤解を招いてしまうので、貴方の印象も下がってしまいます。

またデートの内容を事前に伝えておくことも大事です。

女性はデートによってファッションなどをこだわる傾向にあります。

事前に伝えておかないと「このデート内容だったら違う服着てきたのに。。」と女性の不遜を買いかねないので、ある程度当日のプランを伝えてあげることも必要なのです。

このようなポイントに気をつけてデートプランを練ってみてください。

告白

もし告白を考えているのであれば、デート1回目に感情高まって告白することだけは避けるようにしましょう。

出会ってすぐの告白は「軽い男」と認識されて、「色んな人に同じようなことしているのかな」と誤解を持たれてしまうので危険なのです。

また1回目で告白するとその分すぐに別れてしまう可能性も高くなります。

やはり1回目はお互いに猫を被っています。

そんな表面上の部分だけで判断して付き合っても、その後後悔することが多いです。

たとえお互いに両思いだとしても、1回冷静になることも大事なのです。

筆者もすぐに付き合って痛い目にあった経験があるので気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

ただマッチングアプリにおいて告白は遅すぎてもいけません。

だらだらとデートを重ねているうちに相手に他の好きな人ができる可能性も十分にありえるからです。

3回目のデートに告白することがタイミング的にも一番ベストだと言えます。

おすすめのマッチングアプリ3選【恋活編】

ここで恋活を目的としている人におすすめのマッチングアプリ3選をご紹介したいと思います。

  • ペアーズ
  • タップル
  • with

ペアーズ

ペアーズは長年マッチングアプリ業界を牽引してきた老舗のマッチングアプリです。

マッチングアプリという新たな恋愛の仕方が広まったのもこのペアーズの影響が非常に大きいです。

そんなペアーズの特徴は大きく①アクティブユーザー数の多さ②デートに繋がる可能性が高いの2つです。

アクティブユーザー数の多さ

ペアーズはアクティブユーザー数が非常に多いです。

マッチングアプリにおいて登録会員数を重視する人がいますが、実は大事なのはアクティブユーザーの数なのです。

いくら会員数の多いマッチングアプリでも、登録だけして放置しているユーザーがほとんどを占めていたら、それは機能していないことと同じことです。

つまりどれだけマッチングアプリを日常的に使っている人、いわゆるアクティブユーザーがいるかどうかが大事なのです。

ペアーズは他のマッチングアプリに比べて最低でも24時間以内にログインしているアクティブユーザーが多い傾向にあります。

自分が送った「いいね」を相手に確認してもらえるのに加えて、マッチング率も同時に高いという特徴がペアーズにはあるのです。

デートに繋がる可能性が高い

ペアーズはデートに繋がる可能性が高いマッチングアプリです。

マッチングして実際にデートまで繋がる割合というのは実はそこまで高くありません。

普通のマッチングアプリは100人マッチングして、実際にデートまでできる人数は多くて10人程度です。

しかしペアーズにおいてはそのデートまで繋がる割合が他のマッチングに比べて高いという特徴があります。

筆者は色んなマッチングアプリを使っていますが、他のマッチングアプリは10%程度ですが、ペアーズにおいて約20%を推移しているので、身をもってそのデートまで繋がる可能性の高さを実感しています。

そのだけペアーズは本気で恋活をしている方が多いということでしょう。

こんな人にペアーズはおすすめ
  • マッチングアプリ初心者
  • 本気で恋活したい人
ペアーズの無料会員登録はこちら↓

タップル

タップルは若者を中心に高い人気を誇っているマッチングアプリです。

そんなタップルの特徴は①マッチング率が高い②顔が整っている子が多いの2つです。

マッチング率が高い

タップルはマッチング率が非常に高いです。

やはりスワイプ型マッチングアプリなので、「いいね」を送ることができる量が多いという点がマッチング率をUPさせているということもありますが、気軽に「いいね」を返してくれる人が多いです。

マッチング率だけで言えばおそらく業界トップなのではないでしょうか。

しかしそれは人とマッチングしていることも暗に表しているので、デートにいくまでの割合が他のアプリと比べて低いというデメリットもあることは確かです。

顔が整っている子が多い

タップルは顔が整っている子が非常に多いです。

マッチングアプリの中でも顔面偏差値はトップクラスです。

モデルクラスの子が数多くいるので、面食いという方には非常におすすめのアプリです。

しかし、モデルクラスの子は男性のライバルが非常に多いので、実際に彼女にするまではかなり苦労するかもしれません。

中には恋活目的をしていない女性もいるので注意が必要なアプリでもあります。

こんな人にタップルはおすすめ
  • 面食いの方
  • 気軽にマッチングアプリを利用したい方
タップルの無料会員登録はこちら↓

with

withはメンタリストのDAIGOさんが監修している心理型マッチングアプリです。

そんなwithの特徴は①性格の相性から相手を探すことができる②いいねができる回数が多いの2つです。

性格の相性から相手を探すことができる

withは性格の相性から相手を探すことのできるマッチングアプリです。

with一番の特徴です。

様々な心理テストを受けて、自分との相性を数値化されたものを確認することが出来ます。

今まで恋愛で上手くいった経験がないという方は相性診断から将来のパートナーを探してみるというのもアリかもしれません。

心理テスト自体は無料で行うことができるので、心理テストだけを受けて他のマッチングアプリを利用するというのも全然アリです。

いいねができる回数が多い

withはいいねができる回数が他の検索型マッチングアプリと比べて多いです。

withは期間限定の心理テストを行うことで、その心理テストを通じて相性が良いと判断された女性1日10人まで無料でいいねを送ることができます。

しかもこの無料いいねはなんとメッセージ付きで送ることができるので、普通のいいねよりマッチング率が高くなるのです。

1日に無料で10いいねをできる検索型マッチングアプリはwith以外ありません。

アピールするチャンスが多いのがwithなのです。

withはこんな人におすすめ
  • 性格から相手を探したい方
  • 一風変わったマッチングアプリを探している方
withの無料会員登録はこちら↓

マッチングアプリで素敵な恋を始めよう!

今回は本当は教えたくないマッチングアプリの最強攻略法をご紹介しました。

この記事を参考にマッチングアプリを使えば、素敵な彼女ができること間違いなしです。

彼女が今いないという貴方はすぐにマッチングアプリを始めてみてはいかかでしょうか。

貴方にマッチングアプリで素敵な恋が訪れるように応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA