ついに始まった「チェーソーマン」第2部が色々反響を呼びすぎている件

感激する男性

ついにチェンソーマン第2部が始まった!!

あの大人気漫画「チェンソーマン」第2部がついにジャンプ+より連載を再開しました。

第1部の「公安編」が終了してから約1年と半年。

この間も「ルックバック」や「さよなら絵里」など数々の話題を呼んできた藤本タツキ先生ですが、ついにチェンソーマンへ帰ってきました。

連載初日からTwitterなど様々なメディアでトレンド入りを果たし、様々な反響を呼んでいます。

2022年10月からテレビアニメも始まるので、2022年漫画とアニメ両方大盛り上がりすること間違いなしです。

今回はそんな話題の漫画「チェンソーマン」第2部について色々考察していきたいと思います。

※この記事はあらかじめチェンソーマン第一部を読んでから見ることをおすすめします。

この記事はこんな人におすすめ
  • チェンソーマン第1部を読んだ方
  • 藤本タツキ先生の漫画が好きな方

ポイント

そんなチェンソーマン 第2部のポイントをご紹介したいと思います。

  • 1話からぶっとびすぎてる
  • 新たな主人公
  • ラストの結末

1話からぶっとびすぎてる

チェンソーマン第2部は1話からぶっとんだ展開が盛りだくさんです。

元々藤本先生は読者の想像を超える展開を生み出す漫画家として有名ですが、第2部も期待通りぶっとんだストーリーに仕上がっていました。

タコピーの原罪を彷彿させるような「コケピー」や自身の読み切りである「さよなら絵里」を思い出させる爆発シーン。

そのほかにも色々なピースが組み合わさった藤本先生らしいぶっとんだ始まりになっています。

ぶっ飛びすぎてあまりついていけない方もいると思いますが、藤本先生の作品が好きな方にはたまらない内容になっているので是非ご覧ください。

新たな主人公

チェンソーマン第2部の主人公は女子高生の三鷹アサです。

まさかの第2部で主人公を変えるという流石いつも全く読めない展開で読者を楽しませてくれる藤本先生。

今回は戦争の悪魔と契約したアサでしばらく物語が進んでいきそうです。

もしかしたら途中でまたデンジに主人公が変わるという展開もあるかもしれません。

いずれにしてもまさかの女性主人公という全く読めない展開で物語スタートしたので楽しみです。

ラストの結末

チェンソーマン第2部のラストの結末にも注目です。

第1部の時点で頭が追いつかなかった読者の方が多かったのではと思います。

私自身も何回読んでもストーリーを完全に理解することができないくらいチェンソーマンは奥が深いです。

ただ今までの作品の傾向を見ると、藤本先生の作品はラストのラストで全てのピースがつながることが多いので、この先第1部で謎だった部分も明かされるかもしれません。

いずれにしてもどんな結末を迎えるのか最後まで目が離せない作品です。

みんなの反応

それではSNSでの「チェンソーマン第2部」の反応を見ていきましょう。

チェンソーマンを読んでみよう

今回は話題の漫画「チェンソーマン」第2部を考察しました。

藤本先生らしいぶっとんだリスタートを切っています。

まだ読んでいないという方はこの機会に是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA