【ネクストブレイク】話題の漫画「魔都精兵のスレイブ」の魅力を徹底解説

気になる人

「魔都精兵のスレイブ」って漫画は面白いの?

こんな話題の漫画「魔都精兵のスレイブ」が気になっているという方も多いと思います。

魔都精兵のスレイブは現在ジャンプ+で連載中の作品で、作者はアニメ化した漫画「アカメが斬る!」を描いたタカヒロ先生とと同じくアニメ化した漫画「パパのいうことを聞きなさい!」を描いた竹村洋平先生の最強タッグです。

ジャンプ+の数ある作品の中でも常に人気を維持しており、アニメ化も期待できるまさにネクストブレイク漫画です。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む私が、そんな話題の漫画「魔都精兵のスレイブ」の魅力を徹底解説していきます。

この漫画はこんな人におすすめ
  • 美少女が沢山出てくる漫画が好きな方
  • 能力バトル漫画が好きな方

あらすじ【魔都精兵のスレイブ】

ある日、日本各地に謎の門が出現し、門の先には歪な異空間(魔都)が広がっていた。

魔都には黄泉醜鬼(よもつしゅうき)と呼ばれる化け物が生息しており、人々は恐怖に震えました。

しかし、魔都がもたらしたのは恐怖だけではなく、食べた者に特異な能力を授ける「桃」が存在していたのです。

政府はこの「桃」を利用して、黄泉醜鬼を討伐する部隊「魔防隊」を結束。

この魔防隊のおかげで、黄泉醜鬼の脅威を取り除くことに成功しましたが、ある問題が生じました。

桃の恩恵を授かることが出来るのは女性だけだったのです。

これはやがて社会全体に影響を与え、今や日本は男卑女尊の時代に到達していました。

主人公の和倉優希もそんな時代に生きる男子高校生の一人。

高校卒業を目の前に控えた優希はそんな男が用無しになった時代の中でもどうにかして自分が活躍出来る場所はないかと日々模索していました。

そんなある日、優希は突如出現した門に巻き込まれ、魔都に迷い込んでしまいます。

そこにいた黄泉醜鬼に襲われ窮地を迎えますが、偶然通りかかった魔防隊七番組隊長の羽前京香(うぜんきょうか)によって命を救われます。

しかし再び大量の黄泉醜鬼が現れ、絶体絶命のピンチ。

そこで京香はこの窮地を乗り越えるために、能力を使用することを決断します。

彼女の能力は「対象の相手を奴隷化して、力を引き出す」能力。

何とか京香の能力と奴隷化してパワーアップした優希の力で黄泉醜鬼を撃退します。

そしてこの事件がきっかけで、京香の奴隷兼パートナーとして戦うなるのです。

そんな魔防隊に入った優希の成長を追う能力バトル漫画です。

魅力【魔都精兵のスレイブ】

そんな「魔都精兵のスレイブ」の魅力は大きく4つあります。

  • 奴隷能力という今までにない展開
  • 異能を使った戦闘シーン
  • 女の子のキャラデザが可愛い
  • ちょっとしたエロい展開

奴隷能力という今までにない展開

まず「魔都精兵のスレイブ」の魅力は今までにない奴隷能力を採用している点です。

奴隷能力といえば、相手を支配するという悪いイメージがあるので、どちらかというと敵キャラが使う能力でした。

しかしこの漫画ではメインのヒロインが奴隷能力を使用し、主人公がまさかの奴隷になるという味方サイドの能力として奴隷能力を採用しているのです。

かなり破茶滅茶な設定ですが、奴隷で敵をなぎ倒すという今までにない展開を見ることが出来ます。

異能を使った戦闘シーン

「魔都精兵のスレイブ」の魅力は異能を使ったど迫力の戦闘シーンにもあります。

実は主人公たちは奴隷能力と特殊ですが、他のキャラクターたちは時と止めたり、空間を自由にコントロールしたりと王道の強い能力を持っています。

強い能力であるゆえに戦闘シーンのド派手さに磨きがかかり、他の能力バトル漫画に引けを取らない面白さがあります。

敵キャラもそれに対応した強さを持ち合わせているので、弱すぎてつまらないなんてこともありません。

ちゃんと異能バトル漫画としての完成度も高い作品なんです。

女の子のキャラデザが可愛い

「魔都精兵のスレイブ」は女の子のキャラデザが可愛い点が魅力なんです。

漫画を読む上で可愛い女の子のキャラクターは欠かせないという方もいると思います。

この漫画はそんな方の期待も超えるような可愛い女の子キャラクターがたくさん登場します。

まだこの漫画が連載始まったばかりに行われたキャラクター人気投票に異例の3万票が集まる点を見ても、キャラクター自体の評価が高い漫画だということが分かります。

漫画の中でもトップクラスに可愛いキャラクターがいっぱい登場するので目が離せません。

ちょっとしたエロい展開

「魔都精兵のスレイブ」のちょっとしたエロい展開も魅力の一つです。

羽前京香(うぜんきょうか)が行使する奴隷能力には相手を潜在能力を引き出す代わりに、戦いの後は相手の欲望を叶えなければならないという代償があります。

優希は思春期真っ盛りの高校3年生なので、自然とエロい要望をしてしまうのです。

そのエロい描写がちょうどいいい塩梅であなたの心をくすぶる内容になっているので、男性はたまらないと思います。

また奴隷能力とは関係なく、他のキャラクターたちと優希の絡みも見ることが出来るのでおすすめです。

今後のポイント【魔都精兵のスレイブ】

そんな「魔都精兵のスレイブ」の今後のポイントも合わせて考察していきたいと思います。

※ここからはネタバレが含まれるのでご注意ください。

  • 八雷神との抗争
  • 奴隷能力の進化

八雷神の目的とは

八雷神との抗争に今後は注目です。

八雷神は人類を滅ぼすために結成された組織です。

構成メンバーは理性を兼ね備えた黄泉醜鬼とされていますが、本当に彼らが黄泉醜鬼なのかは明らかになっていません。

各々特殊な能力を持っている点からもしかしたら黄泉醜鬼とは違う、魔都に元々住んでいた人間なのかもしれません。

魔防隊隊長に引けを取らない強さを兼ね備えているので、今後も八雷神との戦いには目が離せません。

奴隷能力の進化

奴隷能力の進化にも注目です。

羽前京香(うぜんきょうか)の持つ奴隷能力ですが、はっきりいって他の能力と比べるとかなり見劣りします。

ただ奴隷能力を貸し出せるようになったりと能力の幅が大きくなっているところを見ると、まだ奴隷能力には隠された秘密があるかもしれません。

果たしてこの先奴隷能力はどんな進化を迎えるのか。

この点も最後まで目が離せません。

魔都精兵のスレイブを読んでみよう!

今回は「魔都精兵のスレイブ」の面白さを徹底解説しました。

アニメ化も期待できる出出来栄えのいい作品です。

まだ読んだことがないという方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA