【ヤンキー漫画NO.1】アニメ化もされた「東京卍リベンジャーズ」の魅力を徹底解説

漫画好き

なんか面白い漫画ないかな〜

こんな漫画を読み尽くしてしまって、新しい面白い漫画を探している方もいると思います。

「不良・ヤンキー」ジャンルの漫画を読んだことはありますか?

ヤンキー漫画は好きな人は好きですが、避ける人も多いジャンルだと思います。

年間2000冊以上も漫画を読むオタクの私でも、今までヤンキー漫画はあまり手をつけてきませんでした。

何冊か読んだことはあるもののいずれも長続きせずに読むのをやめてしまいました。

そんな私が出会ったのが「東京卍リベンジャーズ」です。

ヤンキー漫画があまり好きではない私がどっぷりハマるほどの面白さが東京卍リベンジャーズにはあったのです。

そこで今回はそんな最近アニメも放映されることで話題となっている「東京卍リベンジャーズ」の魅力を徹底解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 面白い漫画を探している方
  • 今までヤンキー漫画に触れてこなかった方
created by Rinker
¥15,147 (2022/12/01 15:01:41時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ【東京卍リベンジャーズ】

東京に住む日々バイト暮らしで冴えない25歳の主人公の花垣 武道(はながき たけみち)はある日テレビのニュースで衝撃の事実を知ることになります。

それは中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女である橘日向(たちばな ひなた)が史上最強の極悪連合「東京卍會」に抗争に巻き込まれて、亡くなってしまっていたのです。

そんなことに思いを張り巡らせながら駅のホームで並んでいると、誰かに背中を押されてしまいます。

電車に轢かれる瞬間、最後になぜか武道の人生の絶頂期である中学2年の時を思い出します。

そして再び目を開けると、鏡の前に中学2年生の自分が立っていたのです。

タイムリープをしたことに気が付いた武道は人生をもう一度やり直そうと決意します。

まず第一歩として武道は橘日向に会いに行きます。

暖かく受け入れてくれる日向に対し、思わず涙が溢れる武道。

日向を守ろうと決意を固め、その帰り道偶然日向の弟である橘ナオトに出会います。

どうしても日向が死ぬ未来を変えたい武道はナオトにも「お姉ちゃんを守ってくれ」と握手を交わします。

その握手をした瞬間、武道は再び25歳の自分の世界へ戻ります。

そこにいたのは12歳成長した橘ナオト。

再びナオトに再会できたことに喜ぶ武道ですが、ナオトからショッキングな事実を耳にします。

「姉は死んでしまった」と。

動揺を隠しきれない武道ですが、同時に「一つだけ日向を救うことが出来る方法」があることも聞かされます。

それはそうタイムリープです。

ナオトの長年の調査の結果、ナオトとの握手がタイムリープのきっかけになることが判明したのです。

このタイムリープの方法を手にいれた武道が「日向を死なせない」未来を作るために奮闘するというタイムリープ系ヤンキー漫画です。

魅力【東京卍リベンジャーズ】

そんな東京卍リベンジャーズの魅力は大きく4つあります。

  • 主人公
  • かっこいいキャラクター達
  • 感動の熱い友情シーン
  • 謎解きタイムリープ要素

主人公

まず東京卍リベンジャーズの魅力が主人公の花垣武道です。

今までの不良・ヤンキー漫画は喧嘩に強い主人公が次々と強敵を打ち破っていくという展開が多かったです。

しかし、花垣武道はちょっぴり不良なだけで一切喧嘩の強くありません。

終始ボコボコにされています。

しかし、ボコボコにされながらも必死に敵に食らいつく姿が敵味方を巻き込んで物語を大きく動かしていきます。

武道は等身大の主人公なので読者としても感情移入がしやすく、その懸命な姿にあなたも心動かされること間違いなしです。

弱いものが強いものに立ちはだかり成長していく漫画が好きなひとならかなりおすすめです。

個性的なキャラクター達

東京卍リベンジャーズではその個性的なキャラクターたちも魅力の一つです。

この記事では特に魅力的な①佐野万次郎(敬称:マイキー)②橘日向についてご紹介します。

佐野万次郎

佐野万次郎(敬称:マイキー)は「東京卍會」を束ねる最強の中学生です。

「東京卍會」とは12年後の世界で日向が死んでしまうきっかけを作った極悪グループです。

佐野万次郎も当然のように極悪人と思いきや、中学時代の佐野は極悪人というよりはちょっぴり喧嘩っ早いだけの仲間思いの人物です。

東京卍會のメンバーからも尊敬を集め、最初は警戒していた武道も徐々に心を開いて行きます。

そんな最強の佐野万次郎ですが、実は精神面が非常に弱いのです。

そんな人間らしさが読者から人気を集め、人気ランキングでは常に上位の大人気キャラクターです。

物語を思わぬ方向に導いていく東京卍リベンジャーズの中心人物でもありますので、見逃せないキャラクターです。

橘日向

橘日向は東京卍リベンジャーズのヒロインです。

中学時代の武道の彼女であり、武道がタイムリープをするに至ったきっかけを作った人物でもあります。

日向はどこにでもいるような普通の女子中学生です。

ただし他の女子にはないものがあります。

それは「思いやり」と「勇気」です。

不甲斐ない武道を精神面から支える「思いやり」をもち、いざとなったら不良男子の中に飛び込んで武道を救う「勇気」をもちあわせている女性です。

そんな「強い」日向がいるから武道も諦めずに頑張れるのです。

我々読者もそんな日向の姿に心を轢かれてより東京卍リベンジャーズが面白くなること間違いなしです。

感動の熱い友情シーン

東京卍リベンジャーズの熱い友情シーンも魅力的なポイントの一つです。

東京リベンジャーズが組織同士の抗争や醜い犯罪などが頻繁に起きます。

しかしそんな一般的には「許されない行為」をしている背景には熱い友情が絡んでいます。

「友達を救い出すため」「友達を守るため」など敵味方関係なく「戦う」理由があります。

その理由を知った時には思わず涙が止まりません。

最初は暴力シーンが多くて苦手だと思う方もいるかもしれませんが、理由を知った時には感動すること間違いなしなのでおすすめです。

謎解きタイムリープ要素

東京卍リベンジャーズの魅力はなんと言ってもその謎解きタイムリープ要素です。

東京卍リベンジャーズが他のヤンキー漫画より一つ抜け出したのは謎解きタイムリープ要素が大きな役目を果たしています。

ネタバレになってしまうので、詳細は省きますが、武道はタイムリープで一つ謎を解決するたびに違う謎に遭遇します。

しかもタイムリープするたびにその謎が複雑化し、どんどん物語を迷宮化させていくのです。

ヤンキー漫画が苦手な方でも、この謎解きタイムリープ要素だけで東京卍リベンジャーズは十分に面白く読める構成になっているのでおすすめです。

東京卍リベンジャーズを読んでみよう

今回は最近話題の「東京卍リベンジャーズ」の魅力について徹底解説しました。

ヤンキー漫画が苦手な私でも「面白い!」と思ったほど、東京卍リベンジャーズはかなりおすすめです。

今までヤンキー漫画に触れてこなかったという方はこの機会にぜひ東京卍リベンジャーズを読んでみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
¥15,147 (2022/12/01 15:01:41時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA