【サバイバル漫画NO.1】アニメ化もされた大人気漫画「彼方のアストラ」の魅力を徹底解説

漫画初心者

なんかサバイバル系のジャンルで面白い漫画ないかな〜

こんな漫画の中でもサバイバルがテーマの漫画が好きという方も多いと思います。

私も様々な漫画のジャンルの中でもサバイバル系はトップ3に入る大好きジャンルです。

そんなサバイバル系漫画の中で「彼方のアストラ」という漫画をご存知でしょうか?

数多くサバイバル系の漫画を読む私ですが、彼方のアストラは自信を持っておすすめできるサバイバル系NO.1の漫画です。

そこで今回は年間2000冊以上も漫画を読む漫画オタクの私が、アニメ化もされた大人気漫画「彼方のアストラ」の魅力を徹底解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • サバイバル系漫画が好きな方
  • 5巻程度で完結する漫画を読みたい方

あらすじ【彼方のアストラ】

西暦2063年。

宇宙へ行くことが当たり前となった時代。

この日はケアード高校毎年の恒例行事である「惑星キャンプ」が始まろうとしていました。

惑星キャンプとは惑星マクパという自然豊かな惑星で見ず知らずの高校生がグループを組んで、5日間キャンプ生活を送る行事です。

転校してまだ間もないエリアス・スプリングにとって、惑星キャンプは友達を作れる絶好の機会。

アリエスは誰よりもそんな惑星キャンプの参加を楽しみにしていました。

そして迎える惑星キャンプ当日。

宇宙船が往き来する「宙港」でアリエスはひったくりに遭遇してしまいます。

そこで助けてくれたのが、主人公のカナタ・ホシジマです。

無事荷物を取り返したアリエスたちは今回のキャンプメンバーと合流します。

メンバーは①カナタと②アリエスの他に、③ザック・ウォーカー④キトリー・ラファエリ⑤ルカ・エスポジト⑥シャルス・ラクロワ⑦ユンファ・ルー⑧ウルガー・ツヴァイクの8名。

そしてキャンプの課題として9人目のメンバー、キトリーの妹のフニシアが参加メンバーとして加わります。

そして無事惑星マクパに到着したカナタたち。

辺りを散策するカナタたちの前に突如、白い謎の球体が出現します。

その球体に敢え無く飲み込まれてしまい、気がつくとカナタたちは宇宙空間にワープしていたのです。

幸いなことにワープした先に古びた宇宙船があり、命を取り止めますが、もっと最悪な事実が判明します。

それはカナタたちがワープした先は惑星マクパから遥か彼方に離れた場所だったのです。

救助も呼べず、食料もわずか数日の程度の量しか残っていません。

そんな極限状態の中で、果たしてカナタたちは無事生還することができるのか。

そんなカナタたちの宇宙の冒険を描いたサバイバル系SF漫画です。

面白いポイント【彼方のアストラ】

そんな彼方のアストラの面白いポイントは大きく5つあります。

  • ワクワクが止まらない宇宙の旅
  • 仲間との絆
  • クスッと笑えるギャグ要素
  • サスペンス要素
  • たったの5巻なのでサクッと読める

ワクワクが止まらない宇宙の旅

まず彼方のアストラの面白いポイントは何と言っても宇宙の旅です。

カナタたちは故郷に帰るために様々な惑星を中継していきます。

そこに待ち受ける予想外の出来事にワクワクが止まらない展開となっています。

また未知の生物や変な形の果物など「こんな惑星があったらいいな」という子供心をくすぐる要素が盛りだくさんの内容となっています。

従来のサバイバル漫画とは違った展開で楽しめるので、サバイバル系の漫画好きにはたまらないと思います。

仲間との絆

仲間との絆が徐々に深まっていく様子も彼方のアストラの面白さです。

やはり遠く離れた宇宙で遭難してしまったという状況から、最初は仲を深めることが出来ません。

故郷に帰ることが出来るという希望を持ち始めてから協力はするもののやはり「仲間」というよりは「ただの仕事仲間」と淡白な関係性が続いていきます。

しかし宇宙の旅の困難を乗り越えるたびに、本当の仲間へと関係性が変化していくのです。

そんな熱い友情はどんな時代でも美しく感動的です。

思わずウルっとくるような展開も待ち受けています。

そんなカナタたちが本当の仲間へと近づく様子は最後まで目が話せません。

クスッと笑えるギャグ要素

クスッと笑えるギャグ要素が散りばめられているのも彼方のアストラの面白いポイントです。

やはりあの6年間にも渡り週刊少年ジャンプを支えた大人気ギャグ漫画の作者篠原健太先生が描いた漫画なので、ギャグセンスは一級品です。

ギャグ漫画ではないので爆笑とまではいかないですが、物語を飽きさせないようなスパイスとしてちょうどよく笑いが散りばめられているのです。

サバイバルという過酷な内容がここまで面白く描かれてるのも篠原先生のギャグセンスによるところが非常に大きいと思います。

サスペンス要素

彼方のアストラは表向きはサバイバル系SF漫画ですが、実は思わずゾッとするようなサスペンス漫画の一面もあります。

この漫画の最大の謎はカナタたちを宇宙の彼方へと葬った謎の球体です。

またなぜ彼方たちを宇宙の彼方へと必要があったのか。

この謎が物語が進むにつれて徐々に明らかになっていきます。

そして解決したかと思うと違う謎が再び登場するのです。

私はサスペンス漫画もよく見るのですが、流石にこの展開は予想出来ませんでした。

そのくらい衝撃の展開が待ち受けているので読む手は間違いなく止まりません。

たったの5巻なのでサクッと読める

彼方のアストラはたった5巻なのでサクッと読めるという点も魅力的です。

面白い漫画は長編になりがちです。

ただいくら面白くてもすでに何十巻も刊行されているような漫画をゼロから読み始めるというのはなかなか勇気が出ないと思います。

その点彼方のアストラはたったの5巻なので気軽に読むことが出来ます。

ただ5巻だからといって内容が薄いということは決してありません。

むしろ読みごたえは抜群です。

正直よくこの濃厚な内容をたった5巻に気持ちよく収めることが出来たなと感動を覚えるほど濃密な内容となっています。

それだけ考え尽くされた漫画ということでしょう。

マンガ大賞2020を獲得したのも納得です。

彼方のアストラを読んでみよう!

今回はアニメ化もされた大人気漫画「彼方のアストラ」の魅力をご紹介しました。

全ての漫画を含めてもトップ3にランクインするほど素晴らしい漫画です。

まだ読んだことがないという方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA