【剛毛の方必見】除毛クリームソランシアが選ばれている5つの理由

悩む男性

除毛クリーム使ってみたけど、綺麗に除毛出来なかった。。

こんな除毛クリームで失敗した経験がある男性も少なくないと思います。

失敗してしまうのは除毛クリームの除毛力が低いことが一因であると考えられます。

そんな方におすすめしたいのがソランシアです。

ソランシアはメンズ除毛クリームの中でもトップクラスの人気と実力を持つ商品です。

今回はそんなソランシアについて徹底解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 剛毛な毛質の方
  • 過去に除毛クリームで失敗した経験がある方

ソランシアとは

ソランシアとはメンズ専用の大人気除毛クリームです。

あの大手インターネットサイト「楽天市場」で脱毛剤・ワックス部門①リアルタイム②デイリー③週間で驚異の3冠を獲得しています。

人気の理由はまずその容量の大きさです。

通常の除毛クリームは多くても200g程度しかありません。

しかしソランシアは250gと大容量の除毛クリームなのでたっぷりと使用することが出来るのです。

また使用して満足できなかったら無条件で全額返金と驚きの返金サービスを提供しています。

つまり一回お試しで使ってみることが可能ということです。

ただこういったコストパフォーマンスだけではなく、ソランシアはある特徴を兼ね備えているから選ばれ続けているのです。

それではなぜソランシアが選ばれているのか、その理由をご紹介します。

ソランシアが選ばれ続ける4つの理由

ソランシアが選ばれ続ける理由は大きく4つあります。

  • 除毛力の高さ
  • 除毛時間が短い
  • 保湿効果
  • 抗炎症効果

除毛力の高さ

ソランシアの一番の特徴はその除毛力の高さです。

まず除毛クリームの仕組みについて簡単に説明します。

除毛クリームは薬品の力を使って表皮から伸びる毛を溶かす除毛方法です。脱毛とは違って毛根まで除去することは出来ませんが、短時間で綺麗な肌を手に入れることが出来るという点ではかなり優秀です。

基本的にソランシアを含むほとんどの除毛クリームは除毛したい部位に塗って放置するというやり方です。

つまりやり方では差が生まれにくく、配合されている成分に除毛力の強さが左右されます。

気になるソランシアには美容室でパーマ剤としても用いられる「チオグリコール酸カルシウム」が配合されています。

チオグリコール酸カルシウムは髪のタンパク質に存在するシオチンを分解する作用があります。

毛が太く丈夫だという人はこのシオチンの結合が強いことが原因です。

チオグリコール酸カルシウムはシオチンの結合を分解させて、毛が軟化するので、除毛がしやすい状態にしてくれるのです。

このように毛を薬品の力技で除去するのではなく、毛を弱体化させる成分を与えることで、ソランシアは高い除毛力を獲得しているのです。

除毛時間が短い

ソランシアは除毛時間が短いという特徴があります。

除毛クリームにおいて除毛時間の短さというのは非常に重要なポイントです。

薬品で毛を溶かすという性質上、除毛クリームが長時間肌に触れていると炎症を起こすなどの肌トラブルに繋がってしまうので、肌に負担をかけないためにも出来るだけ早い除毛時間が望ましいのです。

ソランシアはたった5分で除毛出来るスピード力もある除毛クリームです。

剛毛な毛質の方でも最大10分とそれでもかなり短い除毛時間です。

忙しい方でも十分に使用できる時間の短さなので、ソランシアは手間という観点から見ても非常に優秀なのです。

保湿効果

ソランシアには高い保湿効果があります。

除毛クリームを使ったあとは肌が非常に敏感な状態です。

そのままの状態だと肌傷つきやすく、せっかく綺麗な肌になったのにも関わらず思わぬ肌トラブルを招いてしまう可能性も十分にあり得ます。

そのため化粧水や乳液を使ってきちんとスキンケアしてあげることが重要ですが、スキンケア製品によっては除毛後のスキンケア剤として適していないものがあります。

ただわざわざ除毛クリーム専用の化粧水を購入するのも抵抗があるという方もいると思います。

ソランシアはそんな不安を払拭するような、ソランシア自体に保湿効果が含まれています。

保湿効果を生み出しているのは①尿素②スクワラン③濃グリセリンの3つです。


尿素は肌のバリア機能を高めてくれる効果があります。

尿素は肌に存在する水素分子と結合し、バリアを肌に形成します。このバリアには水分が含まれているので肌を刺激から守ると同時に肌に潤いを与え、さらに蒸発しにくいので長時間保湿効果を維持することが出来るのです。

また尿素にはタンパク質を分解する力があります。

肌の角質はタンパク質で作られているので、尿素によって角質が柔らかくなり、古い角質から新しい角質へと変わりやすくなります。

新しい角質の形成も肌のバリア機能を高めることが出来るので2つの方向から尿素は肌のバリア機能を増強することが出来るのです。


スクワランは肌馴染みをUPさせてくれる効果があります。

除毛クリームにおいて肌馴染みというのも重要な指標の一つです。

除毛クリームは均一に塗ってあげることが成功の秘訣でもあるので、肌馴染みが悪いと除毛が失敗してしまいます。

スクワランは皮膚の表面を滑らかに滑り、水分の蒸発を阻止することが出来るエモリエント剤と呼ばれるものの一つです。

なので除毛クリーム自体のパフォーマンスをあげると同時に、保湿も出来る一石二鳥の成分なのです。


濃グリセリンには角質層を柔軟化させる効果があります。

角質層の柔軟性を損なわれると、浸透力が低下し、美容成分が肌に浸透しないというトラブルが起きてしまいます。

どんなに効果の高い美容成分を使っても肌に浸透しなかったら効果がないのと同じことです。

濃グリセリンにはそんな角質層を柔らかくする作用があるので、美容成分の浸透率をUPさせることに繋がるのです。

また角質層の水分量も増加させる作用があるので、濃グリセリン自体も肌に潤いを与えることが出来ます。


このようにソランシアには保湿効果のある成分がたっぷり含まれているので、肌トラブルのリスクを極力回避してくれるのです。

ただやはり除毛クリームのあと、化粧水や乳液でスキンケアした方が肌には良いことは間違いないので、心配な方は刺激の少ないスキンケア製品で肌を保護してあげましょう。

抗炎症効果

ソランシアは抗炎症効果も持っています。

除毛クリームでよくある肌トラブルの一つが、使用後に肌が炎症を起こしてしまうケースです。

やはり薬品という性質上肌に少なからず負担を与えることは避けられないので、肌が非常に敏感な方は大なり小なり炎症を起こす可能性があるのです。

ソランシアはそんな除毛クリームの炎症リスクを回避するべく、抗炎症効果がある成分を配合しています。

抗炎症効果があるのは①ローズマリー葉エキス②ビワ葉エキス③モモ葉エキスの3つです。


ローズマリー葉エキスには抗炎症作用および抗アレルギー作用があります。

まず刺激による炎症が起きるメカニズムを簡単に説明します。

肌が刺激を受けると、知覚神経線維が反応を起こし、これが結果的に炎症反応へと繋がります。

敏感肌の方やアトピーの症状を持っている方は知覚神経線維が表皮近くまで伸びてきていることが原因です。

つまりこの知覚神経線維の伸長を抑えることができれば刺激を受けても簡単には炎症が起きないということです。

この知覚神経線維の伸長を左右するのがNGFと呼ばれる神経成長因子です。

ローズマリー葉エキスにはそんなNGFを阻害する作用があるので、知覚神経線維の伸長を防ぎ、炎症反応が起きにくくしてくれるのです。


ビワ葉エキスは抗菌や収れん作用をもつ成分です。

除毛後は肌が無防備な状態です。

わずかな雑菌でも炎症を起こしてしまうことが十分にあり得ます。

ビワ葉エキスはそういった肌に存在する雑菌を殺菌してくれるので雑菌による肌トラブルを未然に防ぐことができます。

また収れん効果もあるので肌を引き締めて、ニキビなどの炎症を防ぐ効果もあるのがビワ葉エキスなのです。


モモ葉エキスは紫外線による炎症を抑えてくれる効果があります。

紫外線による炎症が起こる仕組みを簡単に説明します。

肌は紫外線を浴びるとプロスタグランジンE₂が過剰に産生されます。

プロスタグランジンE₂は血管を拡張したり赤斑を形成する等の炎症反応を起こす生理活性物質です。

このプロスタグランジンE₂を抑制することが炎症を回避する上で重要です。

モモ葉エキスにはそんなプロスタグランジンE₂の産生に関わる活性酵素を阻害する作用があるので、結果的にプロスタグランジンE₂による炎症反応を抑制することが出来るのです。


このようにソランシアは除毛クリームを使う上でデメリットとなる炎症反応に対しても有効な成分を含んでいる肌に優しい除毛クリームでもあるのです。

ソランシアを使って綺麗な肌を手に入れよう!

今回は話題の除毛クリーム「ソランシア」を徹底解説しました。

除毛初心者、今まで除毛クリームでうまく除毛できなかった人も一度ソランシアで除毛してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA