【ドラマ化】次世代恋愛漫画「プロミスシンデレラ」の魅力を徹底解説

漫画好き

何か面白い恋愛漫画はないかな〜

こんな恋愛漫画が大好きという方も多いと思います。

今は空前の漫画ブーム。

もちろん恋愛漫画も「君に届け」や「アオハライド」に続く、面白い漫画が数多く登場してきています。

そんな中で、「プロミスシンデレラ」という漫画をご存知でしょうか?

プロミスシンデレラはWeb漫画サービス「マンガワン」で連載されている漫画です。

2018年にマンガワンで新人賞も獲得しており、恋愛漫画が苦手な方でも楽しめる内容となっている次世代の恋愛漫画です。

最近では2021年7月火曜ドラマの枠で実写も決定しました。

主演は女優の二階堂ふみさんということもあり、今最も注目されている漫画と言っても過言ではありません。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む私が次世代恋愛漫画「プロミスシンデレラ」の魅力を解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • プロミスシンデレラを読んだことがない方
  • 恋愛漫画が好きな方

あらすじ【プロミスシンデレラ】

今井早梅は曲がったことが許せない真っ直ぐな性格を持つ27歳女性。

そんなある日、駅のホームで虐められてる高校生を目撃します。

虐めていた高校生は片岡壱成。

そんな壱成の姿に苛立ちを隠せない早梅は壱成に叱責し、その場を後にします。

しかしイラついてたのには違う理由もあります。

実はこの日早梅は旦那の正弘に浮気の事実を突きつけようとしていたのです。

突き付けたところ、予想通り浮気をしていた正弘。

曲がったことが許せない早梅ですが、初犯ということで今回だけは許そうとします。

しかしまさかの旦那からの離婚してくれと言われてしまいます。

突然の離婚宣告に混乱して家を飛び出す早梅。

謝ってくるまで絶対に帰らないと決意しますが、財布や荷物が盗まれるという不幸が立て続けに起き、敢えなくホームレス生活を余儀なくされます。

しかも早梅がいじめを注意したあの男子高校生壱成までからんでくる始末。

一度は負けるかと奮起するもののやはり無一文では何も出来ません。

挙げ句の果てにはホームレスに手を出されそうになってしまいます。

しかし様子を見に来た壱成に助けられ、早梅はピンチを脱します。

安心したのも束の間今度はゲームと称して、壱成の人生ゲームに付き合わされるハメになるのです。

こんな最悪な形で出会った二人を追う新感覚の恋愛漫画です。

魅力【プロミスシンデレラ】

そんなプロミスシンデレラの魅力は大きく4つあります。

  • 個性的な登場人物
  • ダブルツンデレ展開
  • 数々の伏線
  • 画力が高い

個性的な登場人物

まずプロミスシンデレラの魅力は何と言っても登場人物たちにあります。

今回は①桂木早梅②片岡壱成③片岡成吾の3人をご紹介していきます。

桂木早梅

出典:プロミスシンデレラ

桂木早梅はプロミスシンデレラの主人公です。

高卒の27歳独身、しかも離婚歴ありとステータスだけで見れば売れ残った女性に見えますが、漫画では逆ハーレムと言ってもいいほど数々の男性から好意を寄せられます。

なぜ早梅はココまでモテるのか。

それは早梅の持つ人間性に秘密があります。

作中ではお金持ちなど恵まれた人が多く登場します。

一見何の悩みもなさそうな彼らですが、自分のステータスに振り回され、本当の自分を見てくれないことに強い劣等感を感じているのです。

早梅はお金持ち、貧乏関係なく平等に接します。

間違っていることは間違っているとはっきりと言える人物でもあり、そんな芯の強さを持つ早梅に男性陣はどんどん惹かれていくのです。

果たして早梅は誰を結ばれるのか。

そんな桂木早梅の姿には最後まで注目です。

片岡壱成

出典:プロミスシンデレラ

片岡壱成はプロミスシンデレラのヒロインの一人です。

壱成は老舗の旅館に生まれた次男坊で、お金持ちという権力を振り回して、いじめなど好き勝手にやる性悪男子高校生です。

早梅との出会いもいじめをしていたことを早梅に注意されたことがきっかけです。

壱成は早梅と出会う前はお金に人はどうとでもなると考えていた寂しい考えを持っていました。

お金を使って早梅をコントロールしようとしますが、お金になびかない、むしろ反抗してくる早梅に少しずつ興味を持ち始めます。

挙句の果てにはどうしようもないくらい早梅のことが好きになってしまう、可愛い一人の男子高校生です。

早梅の気を引くために奮闘する壱成の姿にも注目です。

片岡成吾

出典:プロミスシンデレラ

片岡成吾はプロミスシンデレラのヒロインの一人です。

成吾は壱成の兄で、顔も性格もよく、何をやらしても卒なくこなす旅館の期待を背負った敏腕若社長です。

高校生の頃に早梅と出会っており、その時から一途に早梅のことを思い続けていました。

早梅が旅館で働くことになったことが経緯で偶然再会し、早梅にもうアプローチをしていきます。

時折成吾はどこか冷たい目をする時があります。

なにやら後ろぐらい過去があるようです。

物語が進むにつれて成吾の過去が徐々に明らかになるので、最後まで目が離せません。

ダブルツンデレ展開

プロミスシンデレラは恋愛漫画では珍しいダブルツンデレ展開です。

時折両者がぶつかる恋愛漫画はありますが、プロミスシンデレラでは終始ぶつかり、デレることがあんまりないという珍しい恋愛漫画です。

これで関係は進むのかと心配になりますが、ダブルツンデレ関係だからこそ出来る新たな展開が読者を楽しませてくれます。

年上彼女×年下彼氏という王道の展開かとお思いきや、ダブルツンデレ関係のおかげで恋愛漫画が苦手な方でも新鮮に楽しめる漫画なのでおすすめです。

数々の伏線

プロミスシンデレラで張り巡らされている数々の伏線も魅力の一つです。

一見関係ないように見える大したことがないエピソードが物語が進むにつれて、伏線として漫画のスパイスになっているのです。

漫画好きの私でも予想を裏切られる展開が多いので、中だるみすることなく楽しむことが出来ました。

恋愛漫画の中でも緻密に関係性や構成が練られているというのもプロミスシンデレラの魅力だと思い真sう。

画力が高い

プロミスシンデレラは画力が高いです。

作者は橘オレコ先生で、プロミスシンデレラが処女作となります。

処女作は絵は荒くなったりしがちなのですが、プロミスシンデレラはびっくりするくらい画力が高いです。

特に表情を描くのが上手いので、恋愛漫画としての底力をあげているのはこの高い画力だと思います。

タッチの癖もないので、読む人を選びません。

まさに万人受けする高い画力を備えているのがプロミスシンデレラです。

プロミスシンデレラを読んでみよう!

今回は次世代恋愛漫画「プロミスシンデレラ」の魅力をご紹介しました。

プロミスシンデレラは男性でも楽しめる内容となっているので、気になる方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA