【ネクストブレイク】話題の漫画「九龍ジェネリックロマンス」の魅力を徹底解説

気になる人

九龍ジェネリックロマンスってどんな漫画なの?

こんな九龍ジェネリックロマンスがどんな漫画か気になるという方も多いと思います。

九龍ジェネリックロマンスはこのマンガがすごい!2021 オトコ編第3位に輝いた今注目を集めている漫画です。

2019年から週刊ヤングジャンプに連載されており、作者はあの「雨上がりは恋のように」を描いた眉月じゅん先生です。

特徴的なタッチを描く先生なので絵だけでお分かりになった方もいるかもしれません。

「あのマンガがすごい!」にランクインしているので、気になって読んでみたところ気づいたら最新話まで一気読みしてしまいました。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む漫画オタクの私が不思議な魅力を持つ漫画「九龍ジェネリックロマンス」の面白さを徹底解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • 九龍ジェネリックロマンスを読んだことがない方
  • ノスタルジックな漫画が好きな方

あらすじ【九龍ジェネリックロマンス】

中国にある「変わらない街」九龍

そんな九龍の不動産会社に勤務する鯨井令子(くじらい れいこ)は同じ会社に勤める工藤発(くどう はじめ)に恋をしていました。

工藤のぶっきらぼうで優しいところにどんどん惹かれていく令子。

しかし工藤の陰に違う女の存在を感じて、いまいち踏ん切りがつかないでいました。

そんなある日、会社から戻った令子は昼寝をしている工藤を目撃します。

悪戯しようと近づく令子。

すると不意に寝ぼけた工藤に誰かと間違えてキスをされてしまいます。

動揺する令子ですが、やはり工藤の影に潜む女性が気になってしかたがありません。

ふと工藤の机を見ると一枚の写真を発見します。

そこで令子は工藤の影に隠れていた女の正体をついに突き止めるのです。

工藤の好きな女性は一体誰なのか。

衝撃の展開が待ち受けているノスタルジック風サスペンス恋愛漫画です。

魅力【九龍ジェネリックロマンス】

そんな九龍ジェネリックロマンスの魅力は大きく4つあります。

  • 登場人物
  • エモい
  • 30代だからこそ出来る恋愛シーン
  • 背中がゾクッとするサスペンス要素

登場人物

まず九龍ジェネリックロマンスは登場人物にあります。

九龍ジェネリックロマンスは恋愛漫画ではみられないような癖のある人物が多く登場します。

今回は①鯨井令子(くじらい れいこ)と②工藤発(くどう はじめ)の2人を紹介していきたいと思います。

鯨井令子(くじらい れいこ)

鯨井令子(くじらい れいこ)は九龍の不動産会社に勤務する32歳の女性です。

スイカとタバコの組み合わせが好きという一風変わった食の好みがあります。

人柄は控えめでとても真面目な性格の持ち主です。

少々不器用なところもありますが、色んな人に好かれるだけの魅力を兼ね備えています。

工藤発のことを好きと気づいてからの玲子はとても可愛いです。

工藤のセリフに一喜一憂する30代なのに少女のような反応をする玲子の姿にも注目です。

工藤発(くどう はじめ)

工藤発(くどう はじめ)は玲子と同じ会社に勤める30代の男性です。

ぶっきらぼうな性格をしていて、出勤するのはいつもギリギリだったりと不真面目な部分がある人物です。

しかしそんな少々無理やりなところにある意味「男らしさ」を感じさせるところがあります。

玲子もそんな工藤の「オトコらしい」部分に惹かれて好きになったのではないでしょうか。

工藤は作中で度々女性の影をチラつかせます。

果たして工藤の裏に潜む女性は誰なのか。

物語の肝となる部分なので、最後まで目が離せません。

エモい

九龍ジェネリックロマンスの魅力はなんと言ってもその「エモさ」です。

九龍は香港のあるかつて世界有数のスラム街として名を馳せていた街です。

現在では整備され香港観光名所として有名ですが、市場など当時の面影も残してあるスポットです。

話を戻しますが、エモさはどこか懐かしさを感じるところで生まれる感情です。

九龍を知らない方からすればエモさなんて感じるはずがないと思うのは当然です。

私も九龍には一度も訪れたことはありません。

しかし九龍ジェネリックロマンスで描かれる街の様子や食事の風景になぜかエモさを感じてしまうのです。

この不思議なエモい体験が九龍ジェネリックロマンスの人気を博している大きな一因だと思います。

30代だからこそ出来る恋愛シーン

九龍ジェネリックロマンスは恋愛漫画では珍しい30代同士の恋愛模様を描いた漫画です。

高校生たちの恋愛シーンのように初々しさはありませんが、その代わりにかなり生々しい恋愛シーンが描かれます。

駆け引きの一つ一つがリアルで、みているこちら側も緊張します。

30代の方なら共感できるようなポイントがたくさん詰まっている漫画なので、30代の方に一番刺さる恋愛漫画なのかもしれません。

背中がゾクッとするサスペンス要素

九龍ジェネリックロマンスの魅力は背中が思わずゾクッとするようなサスペンス要素です。

九龍ジェネリックロマンスはただの恋愛漫画ではありません。

正直ただの恋愛漫画だったらここまで高評価は獲得していないと思います。

私も最初はあまり好みのタイプの漫画ではないなと途中で読むのを諦めようとしていました。

しかし1巻の最後で衝撃の展開が待ち受けています。

背中に冷や汗が流れるほどのサスペンス展開があなたを待っているので、1巻の最後までは絶対に読み切ることをおすすめします。

九龍ジェネリックロマンスを読んでみよう!

今回は話題の漫画「九龍ジェネリックロマンス」の魅力を解説しました。

九龍ジェネリックロマンスは他の漫画とは違う異質の不思議な魅力のある漫画です。

まだ読んだことがないという方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA