【人気芸人もハマる】話題の漫画「ガンニバル」の面白さを徹底解説

漫画好き

ガンニバルって漫画は面白いの?

こんな話題の漫画「ガンニバル」に興味のある方も多いと思います。

ガンニバルは週刊漫画ゴラクで連載されている漫画で、その衝撃的な内容で一部の人から注目を集めています。

2021年にオンエアされたアメトーク「漫画大好き芸人」では、かまいたちの山内さん、ジャングルポケットの太田さんがおすすめする漫画として「ガンニバル」が紹介されていました。

「ガンニバル」はこうした著名人も注目している漫画なのです。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む漫画オタクの私がそんな話題の漫画「ガンニバル」の面白さを徹底解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • グロい内容の漫画が好きな人
  • まだ有名ではないけど面白い漫画を探している人

あらすじ【ガンニバル】

ある事件がきっかけで、山奥にある「供花村」に駐在員として赴任してきた阿川大悟。

前の駐在員が「供花村は人食い村」と奇妙な噂を残して死んだことに心配していましたが、都会にはないアットホームな供花村の雰囲気に喜ぶ阿川一家。

そんなある時、供花村の中でも有力な家とされる「後藤家」のお婆さんが熊に襲われて亡くなってしまう事件が起きます。

大悟はお婆さんの腕に奇妙な歯型が付いていること発見し、村人に報告するも「お婆さんはボケていた」の一点張り。

この事件がきっかけで大悟は今まで暖かくみえた村人たちに徐々に違和感を感じていきます。

お婆さんの腕にあった歯型は何なのか。

供花村では本当に人食いが行われているのか。

そんな供花村での大吾の様子を描いたサスペンス漫画です。

面白いポイント【ガンニバル】

ガンニバルの面白いポイントは大きく6つあります。

  • めちゃめちゃグロい
  • 狂気的な供花村の人たち
  • 後藤家の謎
  • 「あの人」とは
  • 大悟が徐々に豹変していく姿
  • 命をかけた情報戦

めちゃめちゃグロい

ガンニバルはめちゃめちゃグロいから面白いんです。

グロい漫画も色んなタイプがありますが、ガンニバルはリアルなグロさを見ることが出来ます。

特に死体の描写がかなりリアルでグロテスクなので、気持ち悪いけどなぜか見てしまうというあの何とも言えない感情に浸ることが出来ます。

最近の漫画ではトップクラスのグロさを兼ね備えた漫画なので、グロい漫画が好きな方にはおすすめです。

狂気的な供花村の人たち

ガンニバルは供花村の人たちが狂気的すぎて面白いです。

一見いつも声をかけてくれる優しそうな供花村の人たちですが、どんどんどの狂気性が明らかになっていきます。

声をかけるのも決まって大悟たちが何か行動を起こしている時。

つまり声をかけながら大悟たちの行動を監視していたのです。

その事実に気づいた時には背筋がゾッとしました。

優しさの裏に見え隠れする村人たちのサイコパス要素には注目です。

後藤家の謎

後藤家の謎にも注目です。

後藤家とは供花村の中でも力を持った家のことです。

供花村の人たちからも畏れられており、物語の序盤から大悟に銃を突き付けたりとぶっとんだ行動をするサイコパスな要素を見せつけています。

不審な事件の影には常に後藤家の存在があり、今後も物語の要になっていくことが間違いありません。

「あの人」とは

「あの人」にも注目です。

1巻の表紙にも描かれている老人です。

まだ何者かは明らかにはなっていませんが、この老人が人食いをしているモンスターであることはほぼ確実です。

ただそんなモンスターをなぜ人々は匿って尊敬しているのか謎です。

この漫画の一番のボスキャラと言っても過言ではない無視できない存在です。

大悟が徐々に豹変していく姿

大悟が徐々に豹変していく姿が徐々に豹変していく姿が非常に面白いです。

大悟は実は昔凶悪な犯罪者を取り押さえる刑事として働いており、悪を断罪するためには暴力も厭わない凶暴な面も持った鬼刑事でした。

しかしある事件がきっかけで刑事を辞めて、供花村来た当初は性格もかなり丸くなっていたのですが、供花村に潜む謎に迫る度に徐々に昔の大悟に戻りつつあります。

中盤では娘の誕生日も忘れるほど事件に没頭しており、封印していた暴力も徐々に解放していきます。

このまま大悟は凶暴な刑事に戻ってしまうのか。

そんな徐々にモンスターになる大悟の姿にも注目です。

命をかけた情報戦

ガンニバルの醍醐味はなんと言っても命をかけた情報戦の数々です。

供花村の闇を暴くために奮闘する大悟ですが、常に監視された立場+家族が実質人質に取られている立場なので言動の一つ一つに命の重みがかかっています。

普通に銃をぶっ放してくる住民も存在するので、まさに命をかけた情報戦をこの漫画では楽しむことが出来ます。

また後半にかけて誰が味方で敵がどんどんわからなくなってくるので、ドキドキが止まりません

こうした心理戦や情報戦が好きな方にはたまらない内容になっているかと思います。

ガンニバルを読んでみよう!

今回は話題の漫画「ガンニバル」の面白さをご紹介しました。

人気芸人さんもおすすめする漫画なので、まだ読んだことがないという方はぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA