【初心者にわかりやすく解説】暗号資産の一つエンジンコイン(ENJ)とは

悩む人

最近日本でも取引できるようになったエンジンコインってどんな暗号資産なの?

こんな最近に注目を浴びている暗号資産「エンジンコイン」が気になるという方も多いと思います。

今投資の中でも暗号資産は最も注目を浴びている分野です。

やはりビットコインが大幅に価値を上げたことや大企業が暗号資産投資に本格的に取り掛かり始めたことが背景にあり、若者を中心に今暗号資産投資を始める方は数多くいます。

今回はそんな中でも最近日本で取引出来るようになった暗号資産「エンジンコイン」を初心者に分かりやすく説明していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • エンジンコインに興味がある方
  • これから暗号資産投資を始めようと考えている方

エンジンコインとは

エンジンコインとは2017年にENJINが開発・発行したアルトコインの一つです。

暗号資産の中では比較的有名な部類のアルトコインで、時価総額300億円以上と世界の暗号資産マーケットで第54位に位置しています。

※2021年3月23日現在に調べた情報です。

54位は微妙と思うかもしれませんが、アルトコインは3000種類以上もあるという点を踏まえると、かなり注目を集めていることがよく分かります。

日本では暗号資産取引所である「Coin Check」に2021年1月26日に上場したばかりの新しい暗号資産です。

単位は(ENJ)で、最高値は2021年3月15日に記録した323円です。

上場した1月26日は50円前後の値だったので、わずか2ヶ月で6倍以上も価値を上げた今最も注目されているアルトコインと言っても過言ではないでしょう。

エンジンコインの特徴

エンジンコインの特徴は大きく3つあります。

  • エコシステム
  • メルトシステム
  • NFT化

Enjinエコシステム

Enjinエコシステムとは暗号資産イーサリアム上に構築されたソフトウェアソリューションの総称です。

Enjinエコシステムの主な機能としてはプラットフォーム上でゲーム、アプリ、Webサービスなどを作成し、収益化を図ることが出来る点です。

特にゲームに対しての親和性が高く、既存のゲーム開発ソフトと組み合わせることで、簡単に収益化を達成することが出来る画期的なソフトウェアです。

メルトシステム

メルトシステムとは異なるゲーム内での資産の移動を可能にした画期的なシステムのことです。

例えばAというゲームでアイテム等の資産を保持していたとします。

この資産(アイテム)に対してメルトシステムを使用することで、資産が消える代わりにエンジンコインを手に入れることができ、手に入れたエンジンコインで他のゲームのアイテムを手に入れることが出来るようになるのです。

エンジンコインは異なるゲーム間の共通通貨として使用されるのです。

もちろん通貨なので他のユーザーとエンジンコインを通してアイテムを売買するなんてことも十分に可能です。

NFT化

NFT化出来るという特徴があります。

NFT化とは簡単に言うと自分の持つ資産(ゲームアイテム等)を唯一無二のトークン(ブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨)に変えることです。

Enjinエコシステム上で使われるトークンはもちろんエンジンコインです。

エンジンコインの優秀な点は色んなゲームで使える共通の通貨という点だけでなく、我々が住む現実世界のお金と紐づいている点です。

これは今オンラインゲームの課金とは別物です。

オンラインゲームも現実のお金を支払うことでゲーム内でお金が増えるので紐づいてはいますが、お金の流れは現実世界からゲームという仮想世界へと常に一方通行です。

スマホでゲームを課金しても後から返ってくるなんてことは起きませんよね。

その点エンジンコインはお金の流れを逆流させることが出来ます。

つまりゲームで獲得したアイテムをエンジンコインとして現実世界へ持ち帰ることを可能にしたのです。

エンジンコインのメリット

エンジンコインのメリットは大きく3つあります。

  • ゲームの流動性が上がる
  • ゲームで稼ぐことが出来る
  • エンジンコインが導入されたオンラインゲームが登場

ゲームの流動性が上がる

まずエンジンコインのメリットはゲームの流動性が上がることです。

エンジンコインのエコシステムでは先ほど説明したように、ゲーム内で獲得したアイテムをエンジンコインと換金して、違うゲームで換金したコインでアイテムと交換することが出来ます。

つまり今までゲームで努力が無駄にならないシステムなのです。

ゲームでせっかく苦労して手に入れたアイテムも、時間がたってゲーム自体に飽きてしまい、今までの積み重ねた労力が水の泡になったという経験は誰しも一度はあると思います。

エンジンコインのプラットフォームを利用すれば、自分の努力を他のゲームで反映することが出来るのです。

飽きたら別のゲームに乗り換えがしやすくなったので、ゲームの流動性がおのずと上がるようになります。

いろんなゲームを楽しむことが出来るきっかけを作ってくれるのがエンジンコインなのです。

ゲームで稼ぐことが出来る

エンジンコインのメリットはゲームで稼ぐことが出来る点です。

今や「プロゲーマー」と言われる人が登場するほどゲームで稼ぐという時代に我々は徐々に突入しつつあります。

Youtubeを利用してゲーマーとして稼ぐ人も最近ではよく見られます。

しかし実際ゲームで稼ぐことが出来るのはほんの一部の高い技術を持った人たちのみで、ほとんどの人はゲームでお金を稼ぐことなんてほぼ不可能です。

エンジンコインはそんな多くの人がゲームで稼げる仕組みを確立しました。

ゲーム内のアイテムはエンジンコインと換金可能なので、結果的に誰でもお金を稼ぐことが出来るのです。

もちろんプロゲーマーたちのように、「ゲームで生活する」というのは難しいかもしれませんが、少量でもお金を稼ぐことが出来ると考えれば、今までのゲームの捉え方が変わると思います。

これを機にゲームを始める人が爆発的に増えることも十分に考えられます。

エンジンコインが導入されたオンラインゲームが登場

エンジンコインのメリットはすでにエンジンコインが採用されたオンラインゲームが誕生しているということです。

一番有名なゲームはマイクロソフト社が開発した「マインクラフト」です。

あの世界的に有名なマインクラフトですでに「Enjin Craft」として実装されているのです。

内容は普通のマインクラフトと同じで、違うのはゲーム内とアイテムをNFT化することが可能になった点です。

NFTは売買することは可能なので、売買が成立すればアイテムをエンジンコインへと変えることが出来るのです。

つまり流れとしては①マインクラフトでレアアイテムをゲット②アイテムをNFT化する③出来たNFTを売ってエンジンコインをゲットするということです。

もうオンラインゲームではトップクラスに大規模なマインクラフトで実装されている点をみると、色んなオンラインゲームでエンジンコインが搭載される未来も近いかもしれません。

エンジンコインのデメリット

エンジンコインは現状これと言って大きなデメリットはありません。

強いて挙げるとするならばエンジンコインがゲームに特化してしまっていることでしょう。

やはりゲームに興味がない方には浸透しづらい暗号資産です。

しかし、オンラインゲーム市場というのは今右肩上がりにどんどん成長しています。

今後もこの伸びは継続すると多くのメディアが報じており、今よりも多くの方がゲームに熱中する時代が期待できます。

また今はエンジンコインはゲームに特化していますが、将来的に様々な分野に広がる可能性をひめた暗号資産なので、そこまでデメリットとして捉える必要はないでしょう。

エンジンコインの将来性【世界の予想】

ではこの先エンジンコインの価値は上がっていくのか、そんなエンジンコインの将来性を世界の仮想通貨サイトの予想を見ていきましょう。

まずはアメリカの暗号資産サイト「Degital Coin」のエンジンコインに対する予測はこちらです。

最高値
2021約340円
2022約400円
2023約500円
2024約520円
2025約670円

爆発的な伸びはないものの緩やかに伸びていくという予想がなされています。

なぜ緩やかに伸びていくのかその理由に関しては詳しく記述はされていませんでしたが、予測を見る限りではエンジンコインに対してポジティブな印象を持っていることが分かります。

続いてはアメリカの仮想通貨比較サイト「Coinpedia」の予想を見ていきましょう。

最高値
2021約1300円
2022約2700円
2023~2025約6500円

こちらはかなり強気な予想です。

2025年には約6500円と現在(2021年3月23日)の値220円と比較すると約30倍も伸びると予想されています。

ただエンジンコインの価値が上がるためには以下の2つポイントが重要な鍵を握ると説明しています。

  1. 取引手数料を安く抑えることが出来るか
  2. どれだけ多くのオンラインゲームに導入されるか

この2点がどれだけ改善されるかにも注目すれば、ある程度将来の予測を立てやすくなるかもしれません。

最新ニュース【エンジンコイン関連】

ここからはエンジンコインの価値に影響が出そうなニュースをどんどんご紹介していきます。

  • 取引手数料を無料にする新サービス「Jump Net」のリリースを発表【2021/03/04】

取引手数料を無料にする新サービス「Jump Net」のリリースを発表

エンジン社は2021年3月に取引手数料を無料にすることが出来る新サービス「Jump Net」の初期リリースを発表しました。

今までブロックチェーン間における取引手数料の高さは常に問題視されていました。

特に近年イーサリアムの取引手数料が高騰しており、イーサリアムのブロックチェーンを利用するエンジンコインもこの取引手数料の高さには危惧していました。

取引手数料が高さは利益が損失してしまうことを意味します。

またユーザー間でも取引に対しての抵抗感を強める一因になります。

そこで今回開発されたサービス「Jump Net」の登場です。

Jump Netではエンジンコインをユーザー間で無料で取引することが出来ます。

これによりユーザー間の取引が促され、Enjinエコシステムがより拡大することが予想されます。

Jump Netは2021年4月6日からリリースされる予定です。

エンジンコインに今後も目を離すな!

今回は話題の暗号資産「エンジンコイン」を初心者の方にもわかりやすく解説しました。

エンジンコインはオンラインゲームの仕組みを変える画期的な暗号資産です。

近い将来ゲームにエンジンコインが当たり前になる時代がくるかもしれません。

この記事で少しでもエンジンコインへの理解が深まれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA