【ネクストブレイク】お菓子バトル漫画「アメノフル」の面白さを徹底解説

気になる人

「アメノフル」って漫画は面白いの?

こんな話題の漫画「アメノフル」が気になっているという方も少なくないと思います。

「アメノフル」は現在週刊少年ジャンプで連載中の作品で、その奇抜な作風に早くも話題を集めています。

作者はたけぐし一本先生とみたらし三大先生のダブル新人作家コンビです。

アメノフルはそんな新進気鋭の作者が描いたまさに今大注目の漫画なのです。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む漫画オタクの私が、話題の漫画「アメノフル」の面白さを徹底解説していきます。

この漫画はこんな人におすすめ
  • 能力バトル漫画が好きな方
  • 可愛い画風の漫画が好きな方

あらすじ【アメノフル】

5年前、世界的お菓子企業シンディトイトイにより、100粒限定の特別なキャンディが発売された。

実はそのキャンディには食べたものに「お菓子を生み出せる能力」を授ける力があったのである。

結果として各地にお菓子を操る者、通称お菓子使いが出現。

そして一人のお菓子使いが東京の街をお菓子の力で壊滅させるという悲惨な事件が勃発した。

犯人は「ペロペロキャンディ使い」。

あらゆる搜索網が敷かれたものの、結局犯人は捕まらず、このペロペロキャンディ東京壊滅事件は幕を閉じてしまう。

そして時は流れ5年後の今。

お菓子能力を悪用するお菓子使いによる犯罪が増加し、「お菓子=武器」という新たな時代に突入していた。

主人公の水瀬ツムギはそんな時代で生きる普通の女子高生。

しかし実はツムギはあの特別なキャンディを食べた人物の一人で、能力はまさかの犯人と同じ「ペロペロキャンディ」。

ツムギは「ペロペロキャンディ使い」であることをバレないようにひっそりと生活を送っていたのだった。

そんなある日、ツムギはお菓子警察「ルセット」の一員である三鳥ミサキと出会う。

そしてある事件がきっかけでツムギはミサキに「ペロペロキャンディ使い」であることがバレてしまう。

一度は逮捕に踏み切るミサキですが、ツムギが「ペロペロキャンディ」で人を救う姿を見て、ツムギの目的に協力することを決意する。

その目的とは東京を壊滅させた犯人を見つけること。

これはそんなツムギとミサキが東京を壊滅させた真の「ペロペロキャンディ使い」を探し出す姿を描いた物語。

面白いポイント【アメノフル】

「アメノフル」の面白いポイントは大きく3つあります。

  • 魅力的なキャラクターたち
  • お菓子能力
  • ギャグのセンスが高い

魅力的なキャラクターたち

「アメノフル」はキャラクターたちが魅力的だから面白いんです。

今回は①水瀬ツムギ②三鳥ミサキの2人をご紹介します。

水瀬ツムギ

水瀬ツムギは人一倍お菓子が大好きな女子高生です。

ツムギは東京を壊滅させた犯人と同じペロペロキャンディの能力を持ち、そのせいで長年ずっとお菓子使いであることを隠し続けてきました。

しかし、悪いお菓子使いによって人々が徐々に「お菓子」を嫌いになっている様子がみて、その元凶を作り出したもう一人のペロペロキャンディ使いをぶっ飛ばす為に立ち上がります。

弱き者に立ち上がることができる勇気を持つキャラクターなのです。

三鳥ミサキ

三鳥ミサキはツムギと同じ高校に通う男子高校生です。

お菓子警察「ルセット」の隊員で、最初からツムギの正体を「ペロペロキャンディ使い」と気づく直感に優れた人物です。

ただ実は頭がとても悪く、またかなり戦闘力が低いポンコツキャラです。

そのギャップに思わず応援したくなる愛されるキャラクターなのです。

お菓子能力

「アメノフル」はそのお菓子能力が面白いんです。

この漫画の醍醐味と言ってもいいのがこのお菓子能力です。

それぞれお菓子の個性を活かして戦うという他の漫画でみることができない展開を楽しむことが出来ます。

アイスクリームの個性を活かして凍らせるなんてこともできるようなので、バトルの幅もどんどん広がっていくこと間違いないです。

ツムギは現状ペロペロキャンディでなぎ倒すというバトルスタイルですが、今後はペロペロキャンディ自体の個性を活かしたバトルにも期待できると思います。

ギャグのセンスが高い

「アメノフル」はギャグのセンスが高いから面白いんです。

思わず突っ込んでしまいたくなるようなボケ要素がこの漫画には詰まっています。

主人公のツムギ以外のキャラはボケキャラという構成で、とにかくボケの数が多いんです。

そのボケに対してのツムギの切れ味鋭いツッコミに思わずクスリと笑ってしまうと思います。

そんなギャグセンスが高いからアメノフルは面白いんです。

今後のポイント【アメノフル】

「アメノフル」の今後のポイントも考察していきたいと思います。

  • シンディトイトイの謎
  • 「ペロペロキャンディ使い」の正体

シンディトイトイの謎

今後はシンディトイトイの謎に注目です。

シンディトイトイはお菓子能力を発現させた100個のキャンディを製造した企業です。

なぜそんなキャンディを配布したのか、その目的は一切明らかにされていません。

まだまだ謎の多い企業キャンディトイトイには今後も目が離せません。

「ペロペロキャンディ使い」の正体

今後は「ペロペロキャンディ使い」の正体に注目です。

何やらツムギと同じ「ペロペロキャンディ使い」が東京壊滅の真犯人のようです。しかし、同じお菓子能力は生まれた事例がないということを踏まえると、ペロペロキャンディではない違う能力の可能性が高いです。

いづれにしても東京壊滅を容易に達成するほどの協力な能力であることは間違いありません。

果たして真犯人とは一体誰なのか。

そんな「ペロペロキャンディ使い」の正体にも目が離せません。

アメノフルを読んでみよう!

今回は話題の漫画「アメノフル」の面白さを徹底解説しました。

2021年ジャンプを引っ張っていくであろう期待の新作漫画です。

まだ読んだことはないという方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA