【ネクストブレイク】現代忍者漫画「アンダーニンジャ」の魅力を徹底解説

漫画好き

次にくるような面白い漫画はないかな〜

こんな最近出たマイナーで面白い漫画を探している方も多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが「アンダーニンジャ」という漫画です。

アンダーニンジャは現在週刊ヤングマガジンに連載されている漫画で、2021年ブレイクする漫画として密かに噂されている漫画です。

作者はあの実写化を果たした漫画「アイアムヒーロー」を花沢健吾先生です。

今回は年間2000冊以上も漫画を読む漫画オタクの私がそんな現代忍者漫画「アンダーニンジャ」の魅力を徹底解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • アンダーニンジャを読んだことがない方
  • シュールな笑いの漫画が好きな方

あらすじ【アンダーニンジャ】

かつて時代の裏で暗躍し世界中から恐れられた「忍者」。

そんな忍者も日本に勝利した米軍のGHQによって解体され、忍者の時代は終わったように見えました。

しかし組織が解体されても尚、忍者は秘密裏に活動を続け、再び世界最大の暗殺集団として日本に潜伏していたのです。

その数はなんと20万人。

しかし全部の忍者が暗躍しているとは限りません。

技術を持て余した所謂ニート忍者(下忍)も存在していたのです。

主人公の雲隠九郎(くもがくれ くろう)もそんなニート忍者の一人です。

ある日そんな九郎を見かねた忍者の加藤に、ある高校に高校生として潜入する任務を与えられます。

果たして九郎は無事ミッションをやり遂げることができるのか。

そんな九郎の日常を中心に様々な事件が巻き起こる日常系現代忍者漫画です。

魅力【アンダーニンジャ】

そんなアンダーニンジャの魅力は大きく5つあります。

  • 個性的なキャラクターたち
  • 少年心をくすぐる現代忍具の数々
  • シュールなギャグ要素
  • 時折に見せる忍者のかっこよさ
  • 本当に予測がつかない展開

謎が多い主人公

アンダーニンジャの主人公である雲隠九郎は非常に謎が多い人物です。

九郎は自分の住んでいるアパートの敷地内から一歩も出ないという究極のニート生活を送っている人物です。

しかしニート忍者であること以外は経歴は一切不明なのです。

九郎にだけ最前線の忍者も持っていない高性能防護スーツが支給されたりと、一部の忍者に特別扱いされている節があります。

もしかしたら九郎は我々が想像しないくらい大物なのかもしれません。

これだけ主人公が謎に包まれている漫画は他にはありません。

そんな謎の主人公雲隠九郎に最後まで注目してみてください。

少年心をくすぐる現代忍具の数々

アンダーニンジャは少年心をくすぐる現代忍具登場するから面白いんです。

忍具と言ってもは普通の手裏剣やマキビシではありません。

手裏剣も現代技術が反映された追跡機能が付いていたり、一見普通に見えるパーターに透明化機能が付いていたりと最新鋭の忍具なのです。

敵もクレジットカード型拳銃など見たことのない武器を使ったりと、出てくる忍具や武器のレパートリーの多さにワクワクしてしまいます。

子供のころに憧れた忍具がパワーアップした姿をこの漫画で見ることができるので、ニンジャ好きの方にはたまらない内容になっています。

シュールなギャグ要素

アンダーニンジャはシュールなギャグ要素があるから面白いんです。

アンダーニンジャは物語の大半がシュールなお笑いで構成されています。

全員ボケと言っても過言ではないほど、思わずツッコミたくなるような要素が沢山登場して、その内容もかなりシュールです。

シュールな笑いが好きな方には本当に笑えるのでおすすめです。

時折に見せる忍者のバトルシーン

アンダーニンジャは時折みせる忍者のバトルシーンがあるから面白いのです。

ギャグ展開が多すぎて、バトルなんてするのかと心配になりましたが、アンダーニンジャではきちんとバトルシーンがあります。

先ほど紹介した現代忍具を使ってバトルを繰り広げ、様々な敵を倒していきます。

ド派手とまではいかないものの、忍者らしいアクションがみることが出来るので、一風変わったアクションとしてみると非常に面白いです。

本当に予測がつかない展開

アンダーニンジャは一切展開が読めないから面白いんです。

私は年間で最低でも2000冊以上は読む漫画オタクです。おそらく今まで漫画に費やしたお金は300万以上と漫画に詳しいと公言できる自負があります。

それくらい漫画が好きな私でも、アンダーニンジャの展開だけは一切予想することが出来ません。

どの漫画でもなんとなく終着点の予想がつくのですが、アンダーニンジャは読んで一回も予想が当たったことがないくらい新展開が続いていくのです。

流石「アイアムヒーロー」を描いた花沢先生です。

アイアムヒーローも1巻のラストに衝撃的な展開が待ち受けていますが、それに匹敵するくらい毎度毎度新たな展開がこの漫画には待ち受けています。

確実に度肝を抜かれること間違いなしなので、最後までぜひご覧ください。

アンダーニンジャを読んでみよう!

今回は現代忍者漫画「アンダーニンジャ」の魅力をご紹介しました。

今まで見たことない展開に衝撃を受けること間違いなしの内容となっています。

まだ読んだことがないという方はこの機会にぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA