【気をつけたい】冷水で洗顔することのデメリット

美容意識の高い皆さんなら毎日洗顔を欠かさずに行なっていると思います。しかし洗顔する時に水の温度まで気を配っていますでしょうか。冷水でそのまま洗顔している人は注意が必要です。冷水で洗顔すると思わぬデメリットに遭遇する可能性があります。今回はそんな冷水で洗顔することのデメリットをご紹介していきます。

冷水で洗顔することのデメリット

誰でも一度は冷水で洗顔したことはあると思います。

冷水で洗顔すると気持ちがいいし、毛穴の引き締め効果もあるからむしろ積極的にやっていると言う方もいるでしょう。確かに冷水には毛穴を引き締める効果はあります。しかしながらそれは一時的なものであり、30分程度でまた毛穴は元の大きさに戻ってしまいます。毛穴を引き締め効果はほとんどないと言うことが分かります。

そんな冷水での洗顔のデメリットは4つあります。

  • 顔の皮脂や汚れが落ちにくい
  • 顔のごわつきやくすみに繋がる
  • ニキビが出来やすい
  • スキンケアの効果が半減する

以上4つを順番にご説明します。

顔の皮脂や汚れが落ちにくい

冷水での洗顔は顔の皮脂や汚れが落ちにくいというデメリットがあります。

そもそも洗顔の一番の目的は肌の皮脂や汚れを落とすことです。確かに冷水で洗顔しても一定量の皮脂や汚れは落とすことが出来ます。しかしながら、皮脂等は水温が高ければ高いほど落ちやすいです。そういった場合、冷水で洗顔しても顔の汚れは落ちにくいことが分かります。

また冷水で洗顔は誰でも長時間できるものではありません。冬場など寒い時期は冷たいから一瞬で洗顔を終えてしまうという人もいるのではないでしょうか。洗顔はどれだけ丁寧に行うかが鍵になります。冷水だとその冷たさから「早く終えたい」という感情が優ってしまって、丁寧に洗顔することが出来ません。

こういった感情面でも冷水は洗顔に向いていないのです。

顔のごわつきやくすみに繋がる

冷水での洗顔は顔のごわつきやくすみにも繋がります。

先ほど説明しましたが、冷水での洗顔しても顔の皮脂や汚れはなかなか落ちません。そういった古い皮脂が肌に残っていると、顔にごわつきやくすみが現れます。また、肌のターンオーバーにも悪影響を与えます。

肌は約6週間のサイクルで生まれ変わります。これを肌のターンオーバーと言います。肌の汚れはこういったターンオーバーを遅らせてしまう可能性があるので、冷水での洗顔はおすすめ出来ません。

ニキビができやすい

冷水で洗顔すると、ニキビが出来やすくなります。

ニキビができる原因は生活習慣の乱れなど様々ですが、一つは肌の毛穴の汚れに関連しています。

冷水で落としきれなかった皮脂や汚れが毛穴につまり、これが炎症を起こしてニキビができるようになります。ターンオーバーもなかなかされないので、治りにくいニキビになってしまうのです。

また冬場などの冷水は肌への刺激になる可能性もあり、ニキビが悪化する可能性も秘めているのです。

ニキビが気になる方には冷水での洗顔はできるだけ避けるようにしましょう。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

スキンケアの効果が半減する

冷水での洗顔はスキンケアの効果を半減させます。

スキンケアはどれだけ綺麗な肌の状態で行えるかが成功のポイントになります。皮脂などが溜まっていると、化粧水や美容液が肌に浸透しにくくなり、肌に十分に水分を補給することが出来ません。結果、スキンケアの効果が半減してしまうのです。

正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方は簡単です、冷水をぬるま湯に変えるだけです。

ぬるま湯は水温が高いので、皮脂や汚れを簡単に落とすことが出来ます。常温の炭酸水もおすすめです。炭酸水の炭酸ガスが肌の皮脂等を除去する手助けをしてくれるからです。

洗顔の順番は4ステップです。

  1. きちんと手を洗う
  2. ぬるま湯で洗顔する
  3. 清潔なタオルでふく
  4. スキンケアをする

この4ステップを守るだけでも全然洗顔の質が変わってきます。もっと詳しく洗顔方法を知りたい方は下記で紹介しているので参考にしてみてください。

正しい洗顔で美しい肌を

今回は冷水での洗顔のデメリットについてご説明しました。冷水は実は洗顔に向いていないということが分かったと思います。冷水をぬるま湯に変えるだけで改善できるので、いますぐ洗顔の際実践してみてください。あなたの肌が美しくなることを祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA