【大学生必見】イマドキの大学生の合コン事情を徹底解説

悩む男性

昔は合コンに参加する大学生も多いイメージだけど、イマドキの大学生も合コンに参加しているの?

こんなイマドキの大学生の合コン事情が気になる方も多いと思います。

「大学に入学したらたくさん合コンをするんだろうな~」と思っていた方も少なくないのではないでしょうか。

しかし今、大学生の合コン離れが進行しています。それはマッチングアプリなど他の出会いが可能になったためです。

そうはいっても完全に合コンがなくなったわけではありません。

合コンの知識が乏しい大学生のために、今回は今一度大学生の合コン事情についてご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

・まだ合コンに参加したことのない大学生

・今恋人がいない大学生

合コンに参加している大学生の割合

今どきの大学生はどの程度合コンに参加しているのでしょうか?大学生男女を対象としたアンケートを見てみます。

合コンに参加したことはありますか?

・ある  60人(14.9%)
・ない 342人(85.1%)

出典:マイナビ

合コンに参加したことがある人は約1割、参加したことがない人は約9割という結果が得られました。

やはり数十年前と比べて、今どきの大学生はあまり合コンに参加していないようです。参加したことがない人の意見としては「そもそも機会がない」「チャラそうだから行きたくない」などが挙げられました。

この合コンの参加機会の減少とイメージダウンが大学生の合コン参加率の減少に繋がっているようです。

また、出会いの場として合コンを頼る必要がなくなったことも参加率減少の理由の一つです。

合コンに参加する人の目的は「新たな出会い」です。同じコミュニティにいい人がおらず、新たな素敵な出会いを求めて一昔前は合コンに参加していました。

しかしながら、今はわざわざ合コンをセッティングせずとも、マッチングアプリなどを利用すれば簡単に出会える時代です。

「合コン以外に出会いの場が増えた」ということも大学生の合コン離れを推し進めている原因なのではないでしょうか。

合コンのメリット

大学生離れが激しい合コンですが、合コンのメリットとは一体何なのでしょうか。

合コンのメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 直接会うことが出来る
  • 手間がかからない
  • 友達といける

直接会うことが出来る

直接会うことが出来るというのは合コンのメリットの一つです。

マッチングアプリなどはまず初めにメッセージで連絡をとるところから始まります。お互いに「直接会いたい」と思った時しか出会えないので直接会える可能性が低いです。

一方で合コンはいきなり会うところから始まります。

また、マッチングアプリなどはメッセージや顔写真でしか相手のことを判断できませんが、合コンは直接会える分、メッセージや写真からは見えない部分が見えるのでもっと相手のことを知ることが出来るというメリットがあります。

手間が掛からない

合コンは余計な手間がかかりません。

マッチングアプリは会う前でLINEなどでやりとりを続ける必要があります。メッセージのやりとりが苦手という方には非常に負担になるかもしれません。

一方で合コンは事前にメッセージを長々とやる必要もなく、会うだけで十分です。

メッセージがするのが面倒という方は合コン向きかもしれません。

友達といける

友達と参加できるというのも合コンの大きなメリットです。

「二人だけは緊張する」という方や初対面の人と話すのが苦手という方でも、仲いい友達を連れて合コンに参加することが出来るので、素の自分を出しやすいです。

男性なんかは全員で協力して場を盛り上げることが出来るので、一人よりも安心です。

気になる相手いたら友達に手伝ってもらうことも出来ます。

仮に失敗したとしても友達の中で笑い話に出来るので、合コンの友達の存在は大きいです。

合コンのデメリット

もちろん合コンにはメリットだけでなくデメリットもあります。合コンのデメリットは以下の3つです。

  • 男性はお金がかかる
  • 人が選べない
  • ヤリモクの人がいる

男性はお金がかかる

男性は合コンに参加する際に女性の分のお金も払う場合が多いです。まずは女性を対象にしたアンケートをご覧ください。

合コンの支払いは男女何対何が理想ですか?

1位 男性7:女性3 24.6%
2位 男性がすべておごり 22.7%
3位 男女割り勘 20.2%
4位 男性6:女性4 16.7%
5位 男性8:女性2 10.8%

出典:マイナビ

アンケートによると、約8割の女性の方が男性は多めに払うべき或いは全額おごりという結果が得られました。

こちらは社会人も含めたアンケートなので一概には言えませんが、女子大学生もある程度同じ意見であると予測されます。

お金がない男子大学生にはこの結果は厳しいですよね。

男性は合コンの参加にはある程度お金がかかるということを覚悟しておいた方がよさそうです。

人を選べない

合コンは相手陣を選ぶことが出来ません

ある程度、年や大学などは選ぶことが出来ますが、来る相手の見た目や性格は会うまで分かりません

LINEで顔写真を載せていたら確認することも出来ますが、基本的には互いに顔がわからない状態で参加することが多いです。

相手に気になる人がいたら楽しい合コンになりますが、仮にいなかったらただただ時間を使うだけです。

変に期待せずに合コンに臨んだ方がよさそうです。

ヤリモクの人がいる

合コンにネガティブなイメージがついている最大の原因です。

残念ながら、全員が全員純粋に彼氏・彼女を作りに来ているわけではありません。

身体の関係をだけを狙った所謂ヤリモクの人がいる可能性を否定できません。

中には既に彼氏・彼女がいるにもかかわらず参加している人もいます。合コンに参加する際にはヤリモクの人に引っかからないように注意が必要です。

キケンな男・女の見分け方の記事を張っておきますので、よかったらそちらも合わせて読んでみてください。

合コンからカップルに

合コンから実際にカップルになった人の割合はどの程度なのでしょうか。

 ・同じ会社や職場                             :20.6%

 ・婚活サービス(※)                           :16.4%

 ・サークルや趣味・習い事の活動を通じて                  :13.2%

 ・合コン以外の友人の紹介                         :9.8%

 ・同じ学校やクラス                            :8.0%

 ・同じ会社や職場ではないが、二人もしくはどちらかの仕事やアルバイトを通じて:6.8%

 ・合コン                                 :5.1%

 ・SNSで                                 :4.7%

出典:ブライダル総研

ブライダル総研がカップルを対象としたアンケートによると、合コンがきっかけで成立したカップルはたったの5.1%という結果が得られました。

もともと合コンに参加している人が少ないので5.1%と少ないだけであって、合コンに参加した場合のカップル成立率はもっと高いようです。

合コンに一回行ってみるのもアリかも

今回はイマドキの大学生の合コン事情をご紹介しました。

合コンには様々なメリットやデメリットもあります。

よく検討して大学生は合コンに臨む必要がありそうです。

他にも合コンに関する記事を紹介しているので合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA